新型コロナで話題となったオンライン診療のメリット・デメリットを紹介

オンライン診療というものをご存知でしょうか?日々の仕事で忙しくされている方、離島など病院に通院するのが難しい方など、自宅で診療が受けられるオンライン診療は大きなメリットがあります。

新型コロナウィルス流行の影響でオンライン診療の規制が令和2年4月10日より一時的に緩和されることになりました。それにより、オンライン診療が話題になってきています。

今回はオンライン診療についてのほか、メリット・デメリットを紹介します。

オンライン診療とは

オンライン診療は病院へ行かずに受診を行うシステムです。自宅でスマートフォンやタブレット、パソコンの映像や電話の音声を通して医師の問診を受けて診療にあたります。診察後にお薬が必要になる際の処方箋は、郵送で自宅まで郵送してもらうことができます。病院が近くにない地域に住んでいる方、仕事が忙しくて病院の空いている時間に休めないという方にとても便利な診療方法です。

原則として初診では対面で受ける必要がありましたが、現在一時的に規制緩和され、場合によって初診からオンライン診療を受けることもできるようになっています。

オンライン診療のニーズの高まり

新型コロナウィルス感染リスクを避けるために一時的に規制緩和されたため、オンライン診療を受けるためのハードルが下がりました。以前は初診において、原則として対面で診察を受けなければなりませんでした。定期的にもらっているお薬以外にもらおうとしても対面で症状を見てもらう必要があり、薬についても通常通り薬局に足を運んで薬剤師から説明を受けてからもらわなければならず、オンラインでできることも限定的でした。

しかし、令和2年4月10日に厚生労働省が通知した規制緩和によってオンライン診療でできることが増えました。

・初診でもオンライン診療を受けることができる

・定期でもらっている薬以外に風邪や花粉症などの臨時での薬も貰える

・電話でもオンライン診療が受けられる

・オンライン診療の研修を受けていない医師でも診察可能

・処方箋を病院から薬局へFAXすることでお薬の説明後に郵送することができる

新型コロナウィルスの感染を予防するための特別措置のため、流行が収束したら規制緩和が解除される可能性はあります。

しかし、初診であってもオンライン診療を受けることが可能になったことと電話でも受診できるようになったことでこれらオンライン診療を受ける方が増えると予想されます。

オンライン診療のメリット、デメリット

オンライン診療にはメリットとデメリットがあります。場合によってはオンライン診療ではなく対面診療の方がいい場合もあるので注意が必要です。

メリット

・時間と交通費の節約

自宅にいながら診察を受けることができるので遠方にある病院に通う必要がなくなり、通うのにかかる時間と交通費を節約することができます。また、病院で長時間待つ必要もなく、自宅でゆっくりすることもできます。

離島に住んでいる方などで医療機関に通うのが大変な場合や仕事の都合上、受診が難しい場合など時間と場所の制約を受けずに診察を受けることができるのは大きなメリットです。

 

・感染症のリスクや病気の症状悪化を予防できる

病院へ行くことがないためインフルエンザや風邪など感染症のリスクを下げることができます。

また、自分の都合に合わせて診察を受けやすくなるだけでなく、家族に付き添ってもらう必要もないので受診するためのハードルが下がります。診察が途切れると病状の悪化を予防することも困難になりますので受診を継続することが重要です。

 

デメリット

・診断のための情報量が不足する

オンライン診察では映像と音声でしか得られる情報がないため、身体のわずかな変化や全身の状態を見ることができません。想定外の症状や重症化する兆候を見逃す可能性もあるので定期的に対面診療する必要も出てきます。

その他にも尿、血液検査やレントゲン撮影などの各種検査もできないため診断ができないケースもあります。

 

・病気の急変に対応できない

処方箋や薬を郵送するためにどうしても手元にお薬が届くのに時間がかかってしまいます。診断にも検査などが必要な場合もあるので治療が受けるの時間がかかることもあります。

 

オンライン診療が可能なケース

オンライン診療では全ての病気が診察できるわけではありません。

オンライン診療は各種検査ができないので、初診で診断ができないこともあります。オンライン診療を受けている方でも「急に調子が悪くなった」「なんだかおかしい」と感じた場合には対面で診療する必要が出てきます。

そのため、慢性的な病気で症状が安定している人がオンライン診療をできるケースになります。症状や状態を医師に話してオンライン診療が可能か判断することになります。

その他にも、全ての医療機関でオンライン診療に対応しているわけではないので、かかりつけの医師がいる場合には医師に相談してみるといいでしょう。

厚生労働省が都道府県ごとにオンライン診療が可能な医療機関のリストを作っているので、初めての方はリストを確認してから医療機関に聞いてみてください。

たわらクリニックでもオンライン診療に対応しています

一度たわらクリニックで対面診察を受けた方のみ対象となっていて、初診の方や再来初診(3ヶ月通院していない方)は対象とはなっていません(変動的ですが初診の方も対象になる場合もございます)。完全予約制で診療費用は診察料とは別に予約料がかかるので確認してみてください。

たわらクリニックのオンライン診療では4つの特徴があります。

・受診前日まで24時間予約可能

・通院と待ち時間がない

・クレジットカード会計

・処方箋を郵送

ただし、症状が安定している場合でも3、4ヶ月に一回対面診察が必要です。

遠方などで通院が大変、多忙で受診する時間がなかなか取れないという場合には医師に相談してみてください。

詳しくは、たわらクリニックのオンライン診療はこちらをご覧ください。

 

<h2>まとめ</h2>

新型コロナウィルスの流行によりオンライン診療の規制が緩和されてから初診からでもオンライン診療が受けられるようになりました。オンライン診療は自宅で診察を受けれるメリットと診断するための情報が不足してしまうデメリットがあるので注意が必要となります。新型コロナウィルスの感染リスクを回避するためにオンライン診療が広く知られるようになりました。そのため、新型コロナウィルスの流行が収束して規制緩和が解除されてもオンライン診療が普及してくるかもしれません。

全ての方がオンライン診療を受けられるわけではありませんのでオンライン診療で受診を考えた場合には医療機関に相談されてください。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する