症状解説

睡眠障害

睡眠障害とはどんな病気?

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態をいいます。 睡眠障害は、「眠れない」という苦痛だけではありません。日中に襲われる眠気や、だるさ、集中力が続かないなど、心と体にさまざまな影響を及ぼします。専門医の指導のもと適切な治療を行えば、毎晩ぐっすり眠れるようになります。
睡眠障害には寝ようと思ってもなかなか寝ることが出来ない不眠症や、時と場所を選ばずに強い眠気に襲われる睡眠異常など様々な症状があります。
一般成人のうち約21%が不眠に悩んでおり、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査結果があります。こうしてみると、成人の5人に1人、つまり1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいると推計されます。背景には、ライフスタイルの多様化、24時間社会における生活リズムの乱れ、ストレスなどがあるのかもしれません。
睡眠の何が問題なのか、その原因は何か、主観的症状と客観的情報を多面的に検討・整理することが、適切な診断と治療につながります。
また、お酒飲んでいれば眠れるけど、飲まない時には眠れない。と訴える患者さんも多くいらっしゃいますが、お酒を飲んだら寝つけたというのも実は要注意なのです。お酒は飲めばすぐに軽い酩酊に陥り入眠するかもしれませんが、浅い眠りであるために実は不眠をどんどん助長させてしまうのです。結果としてアルコールの総量も増えてしまうなどの結果を招いてしまうのです。

睡眠障害の原因は様々なものがありますが、ストレスが原因としては、極度のストレスや緊張は、やすらかな眠りを妨げます。神経質・真面目な性格の方などは、不眠になりやすいようです。また、心の問題が生じている場合もあります。単なる不眠症だと思っていたら、実はうつ病だったというケースも少なくありません。多くの心の病は不眠を伴いますので、複合的な治療が必要となります。さらに、今までの生活リズムが変わり、体内リズムが乱れることで不眠になることもあります。現代においては、昼と夜とでの行動範囲の区別が薄れてきている状態だと、体内リズムが狂いがちになり、睡眠も乱れてきます。夜勤やシフト勤務などがあって、就寝期間が不規則であることも原因となりやすいです。
そのほか、薬や刺激物が原因になることも少なくありません。コーヒーなどに含まれるカフェイン、たばこに含まれるニコチンなどには覚醒作用があり、やすらかな眠りを妨げます。また、降圧剤など睡眠を妨げる薬も存在するので、詳細を確認します。
睡眠障害によって、日常生活に影響も多くあります。例えば、十分な睡眠がとれないと、イライラしたり、落ち込みやすくなったりと不安定になり、仕事もミスを起こしがちになり、日中の仕事の集中力が落ちてしまうことがあります。また、睡眠不足がイライラや憂うつな気持ちを誘発しやすくするので、家族や仕事場での人間関係でぎくしゃくしやすくなってしまったり、1日の体の疲れを回復させることができずに、毎日少しづつ疲労が蓄積していく事になります。

睡眠障害の主な症状

睡眠障害のサインや症状は大きく分けて、
1)不眠、2)日中の過剰な眠気、3)睡眠中に起こる異常行動や異常知覚・異常運動、4)睡眠・覚醒リズムの問題、の4つにまとめられます。
具体的な例としては、下記症状が挙げられます。

  • 布団に入ってから眠るまでにいつも時間がかかる
  • 寝付いたと思ったら、夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 目覚ましよりも早く目が覚め、それ以上眠れなくなることが多い
  • 熟睡感がない、寝た気がしない
  • いびきが気になる
  • 日中に眠くなる事が多々ある

当院での睡眠障害の治療方法

1まずは原因とタイプを把握する

睡眠障害の治療は睡眠薬等を使用して行います。睡眠障害のタイプによって処方する薬の内容が変わってきます。
また、睡眠障害はうつ病や不安障害などの他の病気が原因で起こっている場合も多々あります。
ですから当院では、患者様の話をしっかりと聞いて、睡眠障害の原因とそのタイプの見極めをしっかりと行うことを重視しています。

  • 不眠
    寝つきの悪さ、途中で起きてしまい再入眠できない、朝早く起きてしまう、熟睡できない
    → 精神疾患や身体疾患、服用薬、下記の睡眠障害をチェック
      そのうえで不眠症かどうか判断
  • 過眠
    日中眠くてしかたない、居眠りをして注意をされる
    → 睡眠不足や睡眠の質が低下する病気がないか、チェック
      もし、夜十分眠っているのに日中眠い場合は、過眠症の可能性が考えられます。
  • 就寝時の異常感覚
    脚がむずむずしたり火照ったり、脚をじっとさせていられないためによく眠れない、夕方以降に悪化
    → むずむず脚症候群の可能性が考えられます。
  • 睡眠・覚醒リズムの問題
    適切な時刻に入眠できず、希望する時刻に起床することができない
    → 睡眠日誌で睡眠・覚醒リズムをチェック
      概日リズム睡眠障害の可能性が考えられます。
  • いびき・無呼吸
    いびき、眠っているときに息が止まる、突然息が詰まったようにいびきが途切れる
    → 体重、飲酒、服用薬をチェック
      睡眠時無呼吸症候群の可能性が考えられます。
  • 睡眠中の異常行動
    寝ぼけ行動、寝言、睡眠中の大声・叫び声
    → 夢との関連性、起こして覚醒するかどうか、チェック
      睡眠時随伴症の可能性が考えられます。
  • 睡眠中の異常運動
    寝入りばなや夜間に、脚がピクピクと動いている
    → 就床時の異常感覚についてチェック
      周期性四肢運動障害の可能性が考えられます。

2薬物療法

また、睡眠薬は最初にしっかりと飲んでいただき、症状が良くなった段階で依存することなくしっかりと減薬していくことが大切です。
当院では患者様の症状をもとに、薬物の治療が必要であると判断した場合にのみ、薬物治療を提案させていただいております。
不眠症の治療は睡眠薬を用いた薬物療法が一般的とされておりますが、睡眠薬を一度使い始めると手放せなくなり、次第に量が増えていくといった危ないイメージを持っている方たちがいらっしゃるというのも事実であり、当院もそのご心配はしっかりと受け止めないといけないと考えております。
もちろん、従来に用いられていた睡眠薬は効果が強力な反面、安全性に問題があるものもありましたが、一方で近年の睡眠薬はそのような依存性の高い薬はなくなり、現在広く使われている睡眠薬は自然に近い眠りが得られ、安心して服用することができるようになっております。

ご来院いただいた後の注意点

治療において睡眠薬はあくまでサブ的な役割を果たすものであり、正しい生活リズムを作る事がもっとも大切です。背景にある身体的な病気やうつ病などの精神疾患に注意ながら、まずは睡眠衛生のアドバイスを行います。
具体的には

  • 規則正しい睡眠時間
  • 睡眠の4~5時間前に毎日運動をする
  • 午後からはカフェインをとらない
  • 寝る前にお酒を飲まない
  • 寝る前にスマホなどを使用しない

などです。

照明やテレビ、携帯電話などの光によって視覚に刺激が与えられると、脳にも刺激が与えられるため、寝付きが悪くなります。同様に睡眠薬の効果も落ちてしまいますので、睡眠薬は必ず寝る直前に飲むようにしてください。もちろん睡眠薬を飲んだ後のテレビや携帯電話は避けてください。

睡眠障害チェックリスト

  1. 眠るのに30分以上かかり、以前より寝付きが悪くなった
    はい ・ いいえ
  2. 夜中に何度も目が覚めるようになった
    はい ・ いいえ
  3. 目が覚めるのが早くなり、その後寝ようと思っても眠れない
    はい ・ いいえ
  4. 睡眠時間は十分だが、起きても寝た気がしない
    はい ・ いいえ
  5. 睡眠不足によって気分が落ち込んだり、イライラしたりする
    はい ・ いいえ
  6. 日中の活動力が低下したり、ぼーっとすることが多くなった
    はい ・ いいえ
  7. 日中の眠気がすごい
    はい ・ いいえ
  8. 日中に疲れやすく、睡眠をとっても疲れが残る
    はい ・ いいえ
  9. 頭痛や肩こりなどの症状がひどくなった
    はい ・ いいえ
  10. 眠れないことに対して不安が強い
    はい ・ いいえ
  11. 仕事で夜勤をしていて、夜勤後は特に眠れない
    はい ・ いいえ
  12. 朝方になるまで眠くならず、寝たら昼頃まで起きない
    はい ・ いいえ
  13. 昼夜のリズムがつかず、寝る時間が不規則である
    はい ・ いいえ
  14. 寝る時間と起きる時間が、毎日平均1時間以上ずれる
    はい ・ いいえ
  15. 日中に強烈な眠気に襲われ、そのまま寝てしまう
    はい ・ いいえ
  16. 金縛りによくあう
    はい ・ いいえ
  17. 常に眠気があるため、日常生活に支障をきたす
    はい ・ いいえ
  18. 会話中や食事中でも眠気があり、突然眠る
    はい ・ いいえ
  19. 睡眠時に呼吸が止まっていたことを指摘されたことがある
    はい ・ いいえ
  20. いびきが大きかったり、いびきをよくかく
    はい ・ いいえ
  21. 肥満傾向にある
    はい ・ いいえ
  22. 朝起きたときにのどが乾燥していて痛みがある
    はい ・ いいえ

1~10まで はいが3つ以上→不眠症の疑い
11~14まで はいが2つ以上→睡眠覚醒リズム障害の疑い
15~18まで はいが2つ以上→過眠症の疑い
19~22まで はいが2つ以上→睡眠呼吸障害の疑い

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する