症状解説

むずむず脚症候群

むずむず脚症候群とはどんな病気?

むずむず脚症候群はレストレスレッグス症候群とも呼ばれ、じっと座ったり横になったりすると、主に脚(人によっては脚だけではなく腰や背中、腕や手に症状が現れる場合もあります。)にむずむずする、ぴりぴりする、かゆみ、痛みなどの強い不快感が現れる症状です。特に夕方から夜間にかけて症状があらわれるケースが多く、睡眠障害の原因にもなりやすい病気です。また日常の座ったままやじっとした姿勢の活動を阻害されるため放置していると日常生活に大きな影響を及ぼします。この結果、副次的症状として昼間の疲労感を引き起こします。
自覚症状としてはじっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(人によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ、時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もあります。また「激しい痛み」を感じるなどさまざまです。この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者さんもいて、特有の辛さがあります。

むずむず脚症候群の原因はまだ明らかにはなっていませんが、有力な説として脳内の神経伝達物質の1つであるドパミンの機能障害や鉄が関与していると言われています。
ドパミンは、さまざまな運動機能を潤滑にする働きをします。また鉄はドパミンを作る過程で欠かすことのできない物質です。その鉄の不足によりドパミンがうまく合成されないことで症状を引き起こすのではないか、と考えられています。
むずむず脚症候群は、原因がはっきりわからないもの(一次性)と、他の病気や薬などが原因となって起こるもの(二次性)に分けられます。二次性の原因としては、慢性腎不全(特に透析中)、鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。
治療が必要だと考えられる人は約200万人いるとされています。欧米人に比べると日本人には比較的少ないと言われていますが、それでも人口の2~5%(※1)の潜在患者が存在すると言われています。その中でも日常生活に支障をきたし治療が必要だと考えられる人は約200万人いると推定されます。
むずむず脚症候群はまれに小児にもみられますが、主に40歳以上の中高年の方に多く、男性に比べて女性の患者さんの割合が多いと報告されています。
さらに不眠症患者の10人に1人の割合でむずむず脚症候群の患者さんがいるとも言われています。

むずむず脚症候群の症状

レストレスレッグスの症状には、4つの特徴的な自覚症状があり、これらにあてはまる場合は、レストレスレッグス症候群の可能性があります。

  • 脚の不快な感覚のため、脚を動かしたくてたまらなくなる
    脚の表面ではなく深部に不快な感じがあります。両脚に不快感が出ることが多いですが、片方しか出ない場合もあります。進行すると、脚以外にも症状があらわれることもあります。
  • 安静にして、横になったり座ったりしていると症状があらわれる、または強くなる
    横になったり、座ったりして数分から1時間以内に症状が出てくる場合が多く、長時間座っていられなくなり、仕事や学業に集中できなかったり、電車や飛行機に乗ることに苦痛を感じる場合もあります。
  • 脚を動かすと、不快な感覚が軽くなる
    足を叩いたり、さすったり、歩いたりするなど脚を動かすと、その間は症状が軽くなったり、治まったりします。身体のどこかを動かしていれば症状が軽くなるのも特徴です。運動を止めると症状が再発することが多いです。
  • 夕方から夜にかけて症状が強くなる
    夕方から夜になると症状が現れたり、強くなる傾向があります。1日の中で時間帯により、症状の強さが変化するのが特徴です。
    進行すると昼間に症状があらわれることがあります。

むずむず脚症候群の治療方法

むずむず脚症候群の原因のひとつとして鉄分の不足が考えられます。 症状が軽い場合は、食事による鉄分の補給やカフェイン・ニコチン・アルコールを控えるなど、日常生活を改善することで症状がおさまる場合もあります。また、症状に応じて薬による治療を行う場合もあります。

1日常生活改善

生活習慣を見直すことにより、症状の改善が期待できます。

  • カフェインやアルコール、喫煙を避ける
    コーヒー・紅茶・緑茶などに含まれるカフェインは脚の不快感を強くするだけでなく、眠りを浅くすることがあるので、できるだけ摂取を控えるようにしましょう。アルコールや過度の喫煙も症状を悪化させることが知られています。
  • 鉄分を補充し、バランスのよい食事
    鉄欠乏が症状を引き起こす原因のひとつと考えられていますので、鉄分豊富なレバーやホウレンソウ、あさり、いわしなどを積極的に取りいれ、バランスの良い食事を心がけましょう。また、サプリメントで鉄分を補給することも効果的です。
  • ストレッチやマッサージを習慣にする
    規則正しい生活を心がけ、ウォーキングなどの軽い運動をするとよいでしょう。また、就寝前にストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐすことも効果的です。

2薬物療法

むずむず脚症候群では、生活習慣の改善とともに適切な薬物治療を行うことで、症状の改善が期待できます。ドパミンの働きを補う薬剤、てんかんの薬、貼薬などが治療に使われています。

ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまったために、再び症状が重くなってしまうことが良くあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守り下さい。

むずむず脚症候群チェックリスト

  1. 脚がむずむずする感じや痛いといった違和感がある
    はい ・ いいえ
  2. 違和感・不快感は脚の表面ではなく、奥にある
    はい ・ いいえ
  3. 症状は1日のうちで夜間に最も強くなる
    はい ・ いいえ
  4. 寝床のなかで症状が起こる
    はい ・ いいえ
  5. 症状が強く、眠れないことがある
    はい ・ いいえ
  6. 座ってじっとしているときに症状が強くなる
    はい ・ いいえ
  7. 湧き上がってくる不快感に耐えられず、脚を動かさずにいられなくなることがある
    はい ・ いいえ
  8. 脚を動かすと、症状がやわらぐ
    はい ・ いいえ
  9. 何かに集中しているときには症状が軽くなる
    はい ・ いいえ
  10. たたいたり、さすったりすると楽になる
    はい ・ いいえ
  11. 夜中にしばしば目が覚める
    はい ・ いいえ
  12. じっとして寝ていられず寝返りをうつことが多い
    はい ・ いいえ
  13. 日中に強い眠気を感じる
    はい ・ いいえ
  14. 腎疾患や鉄欠乏性貧血など、むずむず脚症候群の原因になりうる他の病気の治療を受けている
    はい ・ いいえ
  15. 今、抗うつ薬を服用している
    はい ・ いいえ

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する