症状解説

うつ病

うつ病とはどんな病気?

うつ病は強いゆううつな気分とともに、意欲が出ない、考えがまとまらないといった精神的な症状と、眠れない、疲れやすいなどの体に現れる症状が長く続き、日常生活に支障が出てしまう病気です。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。
私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。

うつ病は脳内にあるセロトニンやノルアドレナリンといった心のバランスを保つ作用のある物質が減ってしまうことが原因と考えられています。
年々患者数が増加している病気で、日本人の15人に1人が一生のうちで一度はかかるという調査結果も報告されています。

うつ病の分類として、「メランコリー型」、「非定型」、「季節型」、「産後」などがあります。「メランコリー型」は、典型的なうつ病と言われることの多いタイプです。さまざまな仕事や責務、役割に過剰に適応しているうちに脳のエネルギーが枯渇してしまうような経過をたどるものを指しています。特徴としては、良いことがあっても一切気分が晴れない、明らかな食欲不振や体重減少、気分の落ち込みは決まって朝がいちばん悪い、早朝(通常の2時間以上前)に目が覚める、過度な罪悪感、などがあります。それに対し「非定型」ですが、特徴としては、良いことに対しては気分がよくなる、食欲は過食傾向で体重増加、過眠、ひどい倦怠感、他人からの批判に過敏、などがあります。「季節型」は「反復性」の一種で、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復がみられます。どの季節でも起こりうるのですが、冬季うつ病が有名で日照時間との関係が言われています。「産後」のうつ病は、産後4週以内にうつ病を発症するものです。ホルモンの変化、分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などのよる睡眠不足など、不健康要因が重なることが影響していると考えられています。

うつ病は心の弱さが原因で起こるものではありません。薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、しっかりと医師の診察と適切な治療を受ければ治すことができる病気です。
うつ病による周囲の人への影響として、周りの人とのコミュニケーションがうまくとれなくなってしまうことがあります。日常生活でも、家族や夫婦のコミュニケーションがうつ病のせいで上手くいかなくなってしまったり、その結果、子供や家族との関係が悪くなり、自分だけではなく、夫婦関係や子供の成長などにも影響を及ぼすことがあります。もちろん、職場の人間関係で誤解を招くことも多くなります。
うつ病を早く治して、あなたのより良い日常と、家族や職場とのより良い環境を取り戻していきましょう。

うつ病の主な症状

うつ病では主に以下のような症状があらわれます。気になる、当てはまると思うものがある場合は、一度心療内科を受診されることをおすすめします。

うつ病と診断する目安として、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですが、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。

精神面の症状

  • 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)
  • 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める
  • イライラする
  • 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる
  • 思考力が落ちる
  • 死にたくなる

自分が感じる気分の変化だけでなく、周囲からみてわかる変化もあります。周りの人が「いつもと違う」こんな変化に気づいたら、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。

  • 表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着かない
  • 飲酒量が増える

身体面の症状

  • 食欲がない
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 性欲がない
  • 頭痛や肩こり
  • 動悸
  • 胃の不快感
  • 便秘がち
  • めまい
  • 口が渇く

※上記の症状に当てはまるものが多ければうつ病の可能性が高いです。また、身体の異常を感じるものの、他科で原因が分からない場合は一度ご来院ください。

治療方法

1十分な休養

“十分な休養”というのは、身体面および心理面といった体調回復を促すためには最も欠かせない存在となります。うつ病の方は休むことに罪悪感を感じてしまい、休息をとらない方が多いのですが、まずはしっかりと心と身体を休めることが治療においても重要です。また、ある程度症状が重ければ、会社や学校を休業・休職することも必要となる場合もあります。

2薬物治療について

適切な薬物による治療は心理面の不安定さのバランスの回復を促し、十分な休息と併用することで、うつ病の回復のスピードが上がり、日常生活や社会生活の改善が早いとされております。当院では、十分な休息を重視した上で、患者様の症状によって必要な場合にのみ薬物治療を提案させていただいております。
特にうつ病に用いる薬は「抗うつ薬」といい、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と一般的に呼ばれるお薬が多く存在します。これらはバランスの崩れた脳内伝達物質の働きを回復させる効果があり、種類により、効果や副作用の程度が患者さん個々で異なり、お薬の特徴としては飲み始めてから少しずつ効果が上がってくるので、効果が表れるまでには2〜4週間かかります。
また、心のバランスを整えるこれらのお薬は、つらい症状が良くなっても約1年は継続し、その後ゆっくりと時間をかけて減らすことにより、つらい症状の再発やぶり返しを減らすことができると言われております。
当院では薬物治療に取り組むにあたり、適切な量と質を特に重視しており、患者様の症状や状況に応じて、なるべくお薬が多くならず、また依存などの出現や副作用がなるべく出にくい、将来のことも考慮した視野を持って患者様の治療を考慮しております。

3心理士によるカウンセリングについて

当院ではカウンセリングも重視しており、心理士(カウンセラー)との対話をしながら進めていく心理療法がございます。
カウンセリングはアドバイスを受けたり、解決法を提示するものではなく、心理士との対話を通して、“つらい症状を治そうとする患者様の中にある潜在的な治癒力を引き出す”お手伝いをいたしております。自分のことを話し、それをしっかり時間をかけて聞いてもらうことで、問題点が整理できたり、解決への糸口が見つかったりします。
もちろん、患者様の症状や特徴に応じて、考え方の癖や、特徴を生かしたカウンセリング方法を心理士が選択して提供させていただいております。一回あたり25~50分の時間をお取りし、お悩みをじっくり傾聴させて頂き、問題点を整理し、問題解決の為の手助けをさせて頂きます。認知療法、自律訓練法などの技法も必要に応じて取り入れています。

4磁気刺激療法(TMS)について

TMSは、アメリカ発の最新のうつ病などの治療方法です。反復経頭蓋磁気刺激法(repetitive Transcranial Magnetic Stimulation)を略したもので、厳密にはrTMSといいます。
これまで一般的であった抗うつ薬での治療法ではなく、磁気刺激で脳の特定部位を活性化させることで脳血流を増加させ、低下した機能を元に戻していきます。
副作用が少なく安全性が高いのが特徴で、向精神薬の服用に抵抗感がある方や、薬を飲んでいてもなかなか治らない方などにお勧めの治療法です。
治療期間も6週間程度と短く、これまで薬物療法で改善がみられなかった方にもその効果が示されています。1回3~18分の磁気刺激の間ほとんどリラックスした状態で治療を受けられます。

詳細は「TMSについて」をご覧ください。

5電気刺激療法(ECT)

自殺の可能性が高いなど、緊急性のある重度のうつ病に対して、有効性の高い治療法です。
麻酔薬と筋弛緩剤を投与した後、全身麻酔下で呼吸管理をしながら、頭部に電気刺激を与えます。
通常は、麻酔科医などが常駐する大規模な病院で行われることが多く、クリニックではほとんど実施されることはありません。
(当院では現在実施しておりません。)

ご来院いただいた後の注意点

  • 症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまったために、ふたたび症状が重くなってしまうことが良くあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守り下さい。
  • しっかりと心と身体を休めてください。心を休めるポイントは、答えの出ないことについて悩まないことです。また、無理に気分転換をしようと外出などをする方も多いのですが、かえって逆効果になることも多いので、無理に気分転換をしようとしないでください。
  • 会社で働いている人がうつ病になった場合、職場への復帰が問題になります。今まで生活の基盤をしっかり築いてきた人ほど、復帰を急ぎがちです。以前のペースに戻さなければとがむしゃらに頑張りすぎてしまい、病気を長期化させてしまうことも少なくありません。 うつ病による自殺は、回復期がいちばん多いと言われます。気分が軽快し、「そろそろ元のように働けそうだ」と思う時期が、いちばん焦り、無理をしてしまうからです。したがって、家族や職場はこの時期、かなり慎重に見守る必要があります。
  • うつ病になると、「寝ようとしても眠れない」、「朝早くに目が覚める」などの症状があらわれることがあります。「ぐっすり寝た」という実感を得るためにも、抗うつ薬とともに睡眠薬を服用することは効果があるとされています。
    睡眠は「眠ればいい」ということではなく、「質のよい睡眠を得る」ことが大切です。そのためには、毎日起きる時間を決める、昼間は少しでもからだを動かすことなどをこころがけ、昼間の活動で疲れたから夜は眠れるようになる、といった自然な睡眠のリズムをつくることがよいです。

うつ病チェックリスト

この2週間、次のような問題に頻繁に悩まされていますか?

  1. 物事に対してほとんど興味がない、または楽しめない
    はい ・ いいえ
  2. 気分が落ち込む、憂うつになる、または絶望的な気持ちになる
    はい ・ いいえ
  3. 寝付きが悪い、途中で目がさめる、または逆に眠り過ぎる
    はい ・ いいえ
  4. 疲れた感じがする、または気力がない
    はい ・ いいえ
  5. あまり食欲がない、または食べ過ぎる
    はい ・ いいえ
  6. 自分はダメな人間だ、人生の敗北者だと気に病む、または自分自身あるいは家族に申し訳ないと感じる
    はい ・ いいえ
  7. 新聞を読む、またはテレビを見ることなどに集中することが難しい
    はい ・ いいえ
  8. 他人が気づくぐらいに動きや話し方が遅くなる、あるいはこれと反対に、そわそわしたり、落ちつかず、ふだんよりも動き回ることがある
    はい ・ いいえ
  9. 死んだ方がましだ、あるいは自分を何らかの方法で傷つけようと思ったことがある
    はい ・ いいえ

このチェックリストの中で4個以上当てはまる項目がある人はうつ状態にあると言えます。
2週間以上症状が治まらない場合は精神科・心療内科での受診を勧めます。
当てはまる項目が少ない人も自分なりにストレス解消法を見つけ、その都度に吐き出して行くことが大事です。
どちらの人も睡眠や食事など生活習慣の乱れをそのままにしないように、見直しをかけて修正していくことが予防・改善の一手になります。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する