職場や公的機関で必要な診断書、うつの場合どこでもらうべきか

 

うつ病など心の病気で学校や会社を休む際、医師の診断書の提出を求められるケースがあります。診断書は普段生活する中であまりなじみのある物ではないため、「診断書はどういうものなのか」「どこで発行されるのか」「診断書を発行することでどのようなメリット・デメリットがあるか」など様々な疑問が生まれるのではないでしょうか。

今回はそのようなうつ病の診断書について解説していきます。

診断書とは

診断書とは、患者の症状や病名、治療内容、治療期間などを証明する書類のことをいい、診察した医師が作成します。診断書は決められたものでなく、病院やクリニック、または診療科などによって書類の形式や内容が異なる場合があります。

うつ病など心の病気の診断書に関してもこれらの内容を医師に記載してもらいます。どのような内容が記されるか簡単に解説します。

・病名
医師が診察を行い、その方の症状から病名を記載します。うつ病や不安障害、自律神経失調症などはっきりと書かれる場合や、うつ状態など曖昧な表現で書かれる場合もあります。

・治療内容
いつから通院しているか、どのような治療をしているか記載されます。

・治療期間
「○○月○○日~○○月○○日まで休養が必要である」などのように、症状に合わせて休養期間の目安が記載されます。

会社や学校、公的機関などから求められた際提出します。ではどのような時に診断書が求められるのでしょうか。

 

診断書が必要な場面

診断書は以下の場面で求められるケースが多いです。

・学校を休むとき
・会社を休職または復職するとき
・公的機関に支援や手当などの申請をするとき

実際に診断書を持参するよう言われた方もいるでしょう。では、なぜ診断書が必要なのでしょうか。

うつ病など心の病気は数日で完治するものではなく、時間をかけて治療するため有給休暇のみでは補えません。診断書は先ほど紹介したように治療に要する日数の記載があります。診断書の提出は本人や会社にとって正当な休暇であることを証明する重要な書類となります。

また、症状によって支援や手当を受けられる可能性があり、申請する際に診断書が必要となります。

どのような支援や手当があるか、「診断書をもらうメリット、デメリット」の項で説明します。

 

診断書をもらうには

いざ診断書が必要となったときに、どのようにもらえるのかなど様々な疑問を抱くかもしれません。いつどこでもらえるか見ていきましょう。

・施設によって手段が異なる
診断書をもらう方法は病院やクリニックで異なります。診察中に医師に依頼をする場合や専用の窓口が設けられている施設もあります。受付の方や看護師、医師などに確認してみましょう。

・初診時にもらえるのか?
初めて受診した方が診断書をもらえるか気になるのではないでしょうか。初診でももらえることは可能ですが、症状や医師によって数回通院しないと診断できないと言われる場合もあります。「○○に提出するために必要」など診断書の必要性を医師に説明することが大事です。

・診断書をもらうために時間がかかるケースもある
上記で述べたように初診時にもらえないこともめずらしくありません。骨折等の外傷やインフルエンザなどの診断書はすぐに作成できることが多いですが、うつ病など心の病気の診断書は時間がかかるケースがあります。

なぜなら、心の病気は日々移り変わるからです。病名を診断するためにはその人の性格や生活環境などを知り、症状の具合や変化などを把握する必要があります。

そのため、確定的な診断ができない状態で診断書を書くことができません。診断書を書いてくれない不満や不安を抱くこともあると思いますが、病気か診断してもらうために待ちましょう。

・まずは受診しましょう
診断書をもらうためにまず受診しなければなりません。精神科や心療内科に受診することにためらいを感じている方もいると思いますが、受診に悩まれているのであればまず一歩踏み出してみましょう。

精神科や心療内科の医師は心の病気のプロです。診断や治療方針、治療期間を判断してもらい、治療に専念できる環境を作りましょう。

 

診断書の作成期間と料金

診断書を作成するために料金が発生することをご存知でしたか?支払いの際にお金がかかることを初めて知る方も多く、金額に驚かれることもしばしばあります。診断書の作成期間と料金について見ていきましょう。

・作成期間
病院やクリニックによって異なります。即日発行される場合もあれば数日かかる場合もあるので確認しましょう。

・料金
料金も施設によって異なりますが、基本的に2,000~3,000円が相場です。複雑な内容になると3,000~6,000円になる場合もあります。さらに、障害年金の申請など非常に細かな診断書も場合、10,000円程度かかることもあります。また、診断書は医療保険の対象とはならず、「自費」扱いとなりますので知っておきましょう。

 

診断書をもらうメリット・デメリット

診断書をもらうメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。先に述べた支援や手当も含めて紹介します。

 

診断書のメリット

〈治療に専念できる〉
うつ病など心の病気は周りからは気づきにくく、誤解を招かれやすいです。診断書で症状や治療期間を証明することで休学や休職などまとまった期間を確保でき、治療に専念することができます。

〈自立支援医療〉
自立支援医療とは、精神疾患の治療にかかる医療費など自己負担額を軽減する公的な制度です。医療費の自己負担額は通常3割ですが、自立支援医療を併用することで原則1割まで軽減されます。この制度を申請する際に診断書が必要となります。長い期間通院となると医療費や交通費など多くの支出がうまれますが、制度を活用すれば経済的にも心身的にも負担の軽減になります。

〈リワーク支援〉
リワーク支援とは、心の病気などで休職をした方に対して行われる職場復帰を目的としたサポートです。また職場復帰だけでなく、同じ原因で再び休職にならないように考え方やモノの見方など「認知」の見直しや、自らコンディションを整えられるよう復職後も見据えた支援を行っています。リワーク支援も費用がかかりますが、場合によっては自立支援医療制度の対象となります。

〈精神科デイケア〉
精神科デイケアとは、精神科で行われる日帰りのリハビリテーションのことです。社会復帰や再発防止を目的として行われています。決まった時間に通い、様々な方と交流することでスムーズに社会復帰を行えるよう支援します。また、施設によっては資格の取得やマナー講習などのサポートを行っている場合もあります。施設によって費用は異なりますが、こちらは自立支援医療制度の対象のため、自己負担は軽減されます。

〈精神障害者保健福祉手帳〉
精神障害者保健福祉手帳は、一定程度の精神障害の状態であることを認定するものです。

公共料金などの割引や税金の控除、福祉手当の支給などのサービスを受けることができます。申請は市町村の窓口で行われ、提出書類に医師の診断書が含まれます。

〈障害年金〉
障害年金とは、病気や障害などにより仕事や生活に支障が出た際に支給される年金のことです。年齢や精神障害者保健福祉手帳の有無にかかわらず支給されます。また、働きながらでも受給される可能性もあります。申請する際、医師の診断書が必要です。

 

診断書のデメリット

〈学校や会社の評価に影響がある?〉
診断書を学校や会社に提出することで、自分に対する評価に影響が出るのではないかと心配な方も多いです。しかし、よく考えてみると辛い状態で自分を追い詰めて働くより、しっかりと治療して復帰する方が、本人や会社にとって有益なことがたくさんあります。実際に同じような悩みで診断書の提出をためらっていた方は、提出することで気持ちが楽になり、会社側も教育や配置を改めるきっかけになったようです。

〈休職すると復職が困難?〉
一度職場から離れると再び戻るのに勇気が必要になることがあります。その点、デメリットかもしれません。しかし、メリットで述べたように様々な手当や支援が行われており、復職に向けた治療やサポート体制があります。また、同じ職場に戻らず新たな職場でリスタートする選択肢もあります。そのような働き口の紹介なども受けることができますので、勇気を出して診断書を提出してみましょう。

 

まとめ

うつ病の診断書は休学や休職、または支援や手当の申請時に必要な書類です。すぐに受け取ることができることもあれば、時間を要することもあるため、病院やクリニックの受診を迷っている方は早めに受診することをおすすめします。

休学や休職に不安や迷いを抱いている方は多くおられるでしょう。しかし、周りには復帰に向けて一緒にサポートする方が多くいます。今回紹介した制度や支援もその一つです。これらを活用して社会復帰するためにも医師に診断書を申請し、十分な休養期間を設けることも一つの手段です。

たわらクリニックの紹介

たわらクリニックは一人一人の患者様のご状況に合わせてオーダーメイドでの診療を行います。
心身に異変を感じたら、お気軽にお電話などでご相談ください。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する