出産後のママは注意!産後うつの特徴と対処法

出産をしてこれからママとして頑張っていこうと思っていたのに、気分が落ち込んだり、疲れた感じがしませんか?出産後に起きる落ち込んだり、不安を感じたりするのはもしかしたら産後うつと呼ばれる状態になっているのかもしれません。

産後うつは一人で抱え込んだり、放っておくとママに大きな負担がかかるだけでなく、夫婦の関係や今後の子育てにも影響を与えることにもなります。産後うつはママ一人の問題ではありません。家族の問題になります。

今回は産後うつについて症状と対応を解説していきます。

産後うつとは

マタニティーブルーという言葉は耳にしたことがあるかもしれません。

マタニティーブルーも軽度の産後うつの一種で、産後3日以内に悲しい気持ちが溢れてきたりと気分が落ち込んでしまう症状が多くのママさんに現れる現象になります。ほとんどの場合は一過性のものであることが多く、家族や友人の理解と支えがあれば2週間以内に治まってきます。

しかし、数週間から数ヶ月以上も気分の大きな変動が続き、日常生活に支障がでる場合は産後うつが疑われます。

産後うつは約10〜15%のママに発症すると言われています。放っておくとさらに重症化して産後精神病へと進行してしまうこともあるので早めの治療が必要になります。心当たりがある人は注意が必要です。

産後うつの症状

・深い悲しみ
・なんでもないのに涙が出てくる
・気分の浮き沈みが激しい
・普段より怒りやすくなる
・極度の疲労感

その他にも睡眠障害(不眠や過眠)や摂食障害(食欲減退や過食)、自殺願望など症状が増えてくることもあります。

症状が進行してくると産後精神病になることもあり、うつ病だけでなく、幻覚や幻聴、異常行動などを起こすこともあるため子育てだけでなく、夫婦の絆にも障害を与えることにもなります。

治療をしなかった場合には産後うつは数ヶ月から数年続くこともあるため早期の治療が必要になります。

産後うつの原因

・妊娠前や妊娠中にあったうつ病
・近親者のうつ病
・分娩後にみられる急激なホルモン濃度の変化
・夫婦関係などの家庭内問題
・家族からのサポート不足
・妊娠に関連した問題や葛藤

うつ病は産後うつの発症リスクを大きく上昇させることになります。また、過去に産後うつを発症したことがある場合にも発症リスクはあります。

そのため、過去にうつ病歴がある場合には主治医や助産師に伝える必要があります。

妊娠が計画外であった、パートナーに失業中などの経済的な問題など大きな不安要素があったなど、大きなストレスや孤独感がリスク要因になります。

産後うつの治療

産後の悲しい気持ちに陥るくらいの軽度の産後うつまでなら家族や友人の支えによって治療も必要になることはありません。しかし、産後うつと診断された場合には医療機関での治療が必要になってきます。

・精神療法(カウンセリング)
・抗うつ薬などの薬物療法

上記のうつ病治療に準じた治療法が行われます。

精神療法では対人関係療法や認知行動療法などがありますが、ストレスに対しての適応、絶望感や否定的な考え方について観点を変えてマイナス思考のループから抜け出していく心理療法になります。カウンセラーやセラピストに自分の悩みを相談することでストレスの原因や対処法を見つけることに役立ちます。

薬物療法では抗うつ薬が使用されることが多いです。授乳中では薬に対して抵抗感を示す方もいます。しかし、有効な薬物治療を受けることで早く産後うつを抜け出すことも可能になります。また、授乳を続けることも可能な薬剤も存在しているので主治医と相談してみるといいでしょう。

産後うつかもしれないと思ったら

まずは対処法を知っておくことと相談できる環境を整えることが大事になります。新米ママや妊娠中の友人やグループがあれば相談してみると楽になることもあります。

産後うつの対処法

・毎日シャワーを浴びて、服をちゃんと着替える
・毎日日光など光に当たる
・食事や睡眠など規則正しい生活を心がける
・家事や子育てを完璧にしようと思わない
・友人や家族に自分が思っていることや出来事を話す
・赤ちゃんが寝たら一緒に休む

出産後の悲しみに対しての対処法として大事なことは一人では悩まないことです。一人で悩むことでマイナスの感情が頭の中を占めていくことになります。家族や友人など出来るだけ多くの人に相談してみましょう。

また、生活リズムを整えて出来るだけ無理をしないようにすることも大事になります。料理や掃除などの家の事や子育てに対して完璧にこなそうと考えると無理をしてしまいがちになりますので、休息を取れるときにはしっかり取ることが大切です。

専門機関に相談

産後うつは心の病気です。産後うつだと思ったら自分で診断するのではなく、かかりつけの医師や心療内科や精神科に相談することが大事です。医療機関に相談することで必要な治療やカウンセリングを受けることができます。早めに治療を始めることで重症化を抑えることもできます。病院に受診することに不安を感じている方も、自治体ごとに相談窓口がありますので相談してみるのもいいでしょう。自治体の相談窓口では必要があれば医療機関を紹介してもらうこともできます。

そして、産後うつなど精神的な症状は自分では気づきにくいことがあります。周りの家族がママの普段との様子の違いをよく見てあげて、場合によっては受診することを勧めることも必要です。

まとめ

産後うつは治療が必要な心の病気です。一人で悩まずに早めに周りの家族や友人、医療機関に相談してみるといいでしょう。また、周囲の理解と協力も必要になります。パパや周りの家族は出産後のママが精神的に不安定になりやすいことを理解して、身の回りの世話や子育てに積極的に協力してあげるのもよいでしょう。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する