高齢者にある老人性うつって何?原因や症状、治療法、認知症との違いを説明します

うつ病は、年齢を問わず誰もが発症する可能性のある病気です。うつ病になるきっかけは様々ですが、中には年を重ねることで経験する出来事が影響し、高齢になってからうつ病を発症することも決して珍しくありません。

よく、高齢者のうつ病は、認知症と間違われることがあります。しかし、実際は認知症の治療とうつ病の治療は異なるため、勝手な判断をせずに専門的な診断のもと適切な対応をすることが大事です。

今回は、老人性うつについて、知っておきたい知識をご紹介します。

高齢者によくある、老人性うつとは?

まず、老人性うつの特徴や症状、原因について見てみましょう。

老人性うつとは

老人性うつという正式な病名はなく、一般的に、65歳以上の方がうつ病を発症した時に、そのような表現を用いることがあります。

したがって、老人性うつはうつ病と違う病気ではなく、意欲の低下や思考力の低下、興味や喜びの喪失、抑うつ気分など、うつ病と同じ症状などで日常生活に支障をきたします。

ただし、若い人と比べると、老人性うつの場合は特有の症状が見られることもあります。詳しくはのちほどご紹介しますが、症状が見えにくかったり、治療が遅れ重症化しやすかったり、認知症の症状と間違われることもあります。

また、高齢になると様々な病気の治療が必要になることも多く、うつ病の症状があったとしても気づかれにくく、軽視されやすいといった特徴もあります。

老人性うつの症状

うつ病の主な症状としては、意欲や思考力の低下、興味や喜びの喪失、抑うつ気分などによって日常生活に支障を来すことがあげられます。感情の起伏やストレスは、誰もが経験することですが、うつ病の場合はこうした症状が長く続き、日常生活に支障を来すという点がポイントです。

具体的には、生きがいがない、楽しみがない、漠然とした不安があるなどが代表的です。

さらに、老人性うつの場合は、気分や感情といった精神的な症状が見えにくく、頭痛や肩凝り、吐き気、不眠や過眠、食欲不振、めまい、極度の疲労感など、精神的な症状よりも身体の不調を強く訴えるケースも多いとされます。

また、現実にはないことを事実だと思い込んでしまい、いつも落ち着かないなど不安にかられ緊張した様子が見られることもあります。

老人性うつの原因

年を重ねると、若い頃とは違う身体の変化や環境の変化、病気などが影響してうつになる可能性が高まります。

例えば、高齢になればなるほど、治療が必要な病気が増え、病気が慢性化して継続した治療が必要になるなどの変化が見られてきます。治療が必要な病気がなくても、体力が低下したり疲れやすくなったり、記憶力が低下するなどの変化が伴うのは自然なことです。

こうした身体の変化を感じた時や、大きな病気をしたときに、若い頃とのギャップに耐えられず落ち込んでしまう人もいて、それが老人性うつのきっかけにつながることもあります。

また、高齢になると、配偶者や大事な友人、親などと死別する可能性が高くなります。場合によっては、子どもが自分よりも先に亡くなってしまうこともあります。こうした、大切な人やペットとの別れによって大きな喪失感におちいると、うつ病のきっかけになることもあります。

認知症との違い

しばしば、老人性うつは認知症と間違われることがあります。それは、老人性うつの症状の中には認知症の症状に似たものがあることや、老人性うつと認知症を同時に発症していることも少なくないからです。

さらに、老人性うつの症状の原因が、服用中の薬の影響で起こる可能性もあるため、専門家であっても見分けが難しいこともあります。そのため、素人が判断することは困難です。

老人性うつの場合、初期症状としては身体的な不調や抑うつが見られることが多いです。症状は何らかのきっかけにより起こることが多いため、思い返すとそのきっかけとなる出来事に心当たりがある場合も多いです。1日のうちでも調子の波があり、朝方は調子が悪くても夕方には調子を取り戻す様子が見られることも多いです。

一方で、認知症の場合は、発症のきっかけとなる出来事がわかりづらく、気がついたら進行していたということも少なくありません。それほどゆっくりと進行していき、初期症状としては性格の変化や記憶障害が主となります。1日の中で調子の波があることは少なく、人によっては攻撃的になることもあります。

認知症の場合、記憶障害が目立つようになり周囲が気づくことも多いですが、老人性うつの場合でも記憶障害は起こることがあります。しかし、大きな違いは、老人性うつの場合は記憶障害があることに自覚があり、自ら訴えることができます。認知症の記憶障害の場合、忘れているという自覚がなく、取り繕ってカバーしようとする傾向にあります。

老人性うつの治療法

先程もご紹介したように、老人性うつかどうかの判断はとても難しいです。早期に治療を開始するためには、かかりつけ医や精神科・心療内科等の医師に相談し、診断を受けることが大事です。

老人性うつの治療は、薬物療法、精神療法、環境調整の3つが軸となります。

薬物療法は、老人性うつに限らずその人にあった抗うつ剤などを服用して経過を見ます。しかし、高齢者の場合は他の服用中の薬との相性などを考慮する必要があるため、人によっては他の方法で治療を進めていくことも多いです。

精神療法は、医療従事者が行うカウンセリングを通して改善を目指す方法です。薬物療法と併用して行われることもあります。これは、家族や周囲の人が日頃の関わりの中で少し注意しながら接することもプラスにつながります。例えば、本人の訴えることを否定しない、励まさないなど、いくつかのコツがありますが、人によって適した関わり方は異なるため、医師のアドバイスをもらった上で行うと安心です。

最後に、環境面の調整です。孤独感の強い方には関わりの時間を増やす、体を動かす機会を作り、外出することで気持ちを外に向けるなど、できることはたくさんあります。こちらも、医師のアドバイスを受けながら実行していきましょう。

まとめ

今回は、老人性うつの特徴や認知症との違い、治療の方法についてご紹介しました。これまで、「年のせいだからしょうがない」と見逃されてきた言動や症状が、もしかすると老人性うつの症状かもしれないということを、お分かりいただけたかと思います。

うつ病は、誤解されることの多い病気です。「気の持ちようで治る」などと勘違いされることもありますが、心の弱さが原因で起こるものではありません。

治療は、専門的な判断のもと適切な方法で行うことが大事です。もし、老人性うつかも?と疑うことがあれば、できるだけ早く医師に相談されることをおすすめします。

たわらクリニックの紹介

たわらクリニックは一人一人の患者様のご状況に合わせてオーダーメイドでの診療を行います。
心身に異変を感じたら、お気軽にお電話などでご相談ください。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する