うつ病になった時、どんな過ごし方をしたら良いの?治療の方法は?

女性

うつ病は、治療が必要な病気です。うつ病になるのは心が弱いからだと、よく勘違いされます。しかし、うつ病は気を奮い立たせて治るものではありません。そのため、うつ病と診断された時は担当医師と相談しながら適切な方法で治療していきましょう。

ここではうつ病の治療や過ごし方について、注意点を含めてご紹介していきます。決して自己判断に頼るのではなく、きちんと治療を進めていくことが大事です。

うつ病治療で大切なこと

まず始めに、うつ病の治療で大切なこと・忘れずにおきたいことをまとめております。

十分な休養が何よりも大事

うつ病の治療で、特に大事なのが休養です。心と身体の両方を休ませることが、何よりも治療につながります。

休養をとることに、抵抗感を抱く人も多いでしょう。怠けていると周囲から思われないかな?と心配になるかもしれません。しかし、うつ病の大事な治療はまず休むことです。自分のために、しっかりと休養をとりましょう。

家事や仕事に追われる人は、どうしても自宅で十分に休養できないケースも多いでしょう。そんな時は、入院も1つの選択肢になります。入院と聞くと大袈裟に思われるかもしれませんが、家事や仕事と距離をおくことができ、家族の理解も得やすくなるかもしれません。

決して焦らない

うつ病の治療は、時間がかかります。治療を始めても、すぐに治るものではありません。経過の中で、徐々に回復したと実感できることもあるかもしれませんが、調子が上向いた時に無理をするとかえって悪化することもあります。

社会人であれば、仕事のことが気になって長期間休めない、と復帰を急ぐ気持ちもわかります。思うように回復しているかが分からない、早く仕事に復帰したいのに治療が続く、と焦るのは禁物です。

少しずつ、ゆっくりと時間をかけながら進めていくのが、うつ病の治療です。時間がかかることを知っておき、先へ先へと急がない気持ちを持ちましょう。

自己判断で治療をしない

うつ病を発症し、症状が和らいでくると、「もしかして、もう治ったかな?」と思うかもしれません。一般的には、うつ病の急性期はおよそ3か月で、その後は安定してくると言われています。

一方で、この時期は症状がさらに悪化したり、再発したりしやすい時期でもあります。つまり、安定してきたと思う時期こそ大事だということです。

症状が和らいだからといって、勝手に薬を飲むことをやめてしまったり、治療をやめてしまうのは非常に危険です。うつ病の治療薬は、医師が経過をみながら処方しています。自己判断での中止はやめましょう。

うつ病は、症状が改善した後で再発する可能性が高い病気です。ですから、再発は誰にでも起こりうることを知っておきましょう。そして、一度経験したからと軽視するのは禁物です。再発を繰り返す度に症状は悪化しやすいとも言われているため、その時の状態に応じて適切な治療が必要です。

もし、治療中にいったんおさまっていた症状が見られたりしたときは、必ず医師に伝えましょう。

うつ病の治療

うつ病の治療は、主に、休養、薬物療法、精神療法があります。どれか1つの方法をとるのではなく、休養をとりながら薬物療法や精神療法を行う場合がほとんどです。

休養は、先程もご紹介したように、うつ病の治療においてとても重要です。仕事や家事など、「やらなければならない」と思うことを出来るだけ最小限におさえ、休むことを優先しましょう。

薬物療法は、医師の判断のもと、細かな調整を行いながら進められます。始めは少量の薬を処方し、徐々に適切な量に調整していく方法がとられます。薬を飲み始めても、すぐに効果が現れるわけではなく、人によっては副作用もあります。医師に相談しながら、少しずつ進めていくことが大事です。

精神療法は、医師やカウンセラーとの対話等によって問題解決の道を探していく方法です。相談しやすいかどうかという点も、治療を進める上では大事なポイントになります。

うつ病の治療中の過ごし方

療養中男性

うつ病の治療は、休養が大事と言いますが、具体的にどのように過ごせばよいのか迷いますよね。ここでは、一般的なうつ病の治療中の過ごし方について簡単に触れてみます。

まずは専門医のアドバイスを

うつ病の治療は、それぞれの状態や症状に合わせて、休養の仕方についても医師からアドバイスをもらい実践することが大事です。場合によっては、1日に○○時間程度の活動に留めるなど、具体的な時間で示されることもあります。

どのような生活が治療として理想的なのかは、医師にしっかりと相談しながら決めていきましょう。

日光を浴び生活リズムを整える

不規則な生活習慣が躁うつを招く要因にもなります。起床時間と就寝時間を決めて生活リズムを整えるために、午前中の日光を浴びて体内時計を整えてみるのもよいでしょう。

気が楽になることを生活に取り入れる

散歩や音楽など、気持ちが楽になることがあれば、無理のない範囲で生活の一部に取り入れてみましょう。もちろん、治療中の時間の使い方は自己判断せずに医師との相談の上で決めていくと安心です。

バランスの良い食生活

うつ病になると、食欲にムラが出ることも少なくありません。しかし、食事をとらない生活が続けば、健康にも悪影響です。特定の食品に偏ることなく、できるだけバランスの良い食生活を意識してみましょう。

これらは、あくまでも治療の補助的なものとして意識した方が良いポイントです。まずは専門医と相談し、適切な治療を優先しましょう。特に、重度のうつ状態の場合はこれらの補助的な治療だけに頼るのはとても危険です。うつ病の治療は休養が大事なことに違いはありませんが、その他の治療と並行して行ったり、休養の取り方の専門的なアドバイスを受けることが大事です。

うつ状態治療中の時の考え方

療養中女性

今回は、うつ病になった時の過ごし方についてご紹介しました。うつ病になると、どうしても回復を急いだり、焦ったりしてしまいがちです。しかし、治療中は調子に波があり、良い日とそうでない日も当然あります。

昨日は調子が良かったのに、なぜ今日は調子が良くないのだろうと、一喜一憂するのは良くありません。うつ病治療はゆっくり時間をかけて行うものであること、そして調子の波があって当然だということを知っておきましょう。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する