オンライン診療で安心を身近に 診察料・治療薬送料無料のオンライン診療
片頭痛

オンライン診療・治療薬処方

  • イミグラン(ジェネリック)(1錠あたり 440円~)
  • ゾーミッグ(ジェネリック)(1錠あたり 440円~)
  • レルパックス(ジェネリック)(1錠あたり 440円~)
  • アマージ(ジェネリック)(1錠あたり 495円~)

こんな方におすすめ

  • 仕事や家事で忙しく、病院に行く時間がない。

    病院や薬局で長時間待ちたくない。

    希望する薬をできるだけ労力をかけずに入手したい。

    近隣に医療機関がない、あっても診療内容が合わない。

    健康保険証を使いたくない。

    服用薬が決まっているが、通院している病院がいつも混んでいて苦痛。

    病院や薬局に行くのが恥ずかしい、過度に緊張してしまう。

    海外からの個人輸入薬は危険なので、国産の薬を処方して欲しい。

このようなお悩み、当院のオンライン診療で解決できます。
  • 診療から投薬までオンラインで診察無料 送料無料 迅速・安心

    自宅にいながら診療を受けられる

    健康保険証の提出が不要

    薬がすぐに届く(調剤薬局へ行く必要がない)

    短時間の診察で手間がかからない

    送料無料(診察料とお薬代のみ)

オンライン診療相談

オンライン診療「クリニクス」

片頭痛とは

片側あるいは両側のこめかみや目の奥などの部位が、ズキンズキンと脈打つように痛くなる頭痛です。
痛みがひどくなると吐き気をともないます。また、動いた時に振動で痛みが増強したり、光や音・臭いが不快に感じたりする事があるため、暗くて静かな部屋でじっとしていた方が楽に感じることが多いです。頭痛は月に1~2度や、週に1~2度の頻度で発作的に起こります。家事や仕事が手につかず、吐き気や嘔吐で寝込んでしまうなど、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。
頭痛の前兆として閃輝暗点を生じることがあります。閃輝暗点とは、様々な形の光が見えたり、チカチカと光るフラッシュが見えたり、視野の一部が見えにくくなる症状です。 (このような前兆の多くは15~30分で消失し、続いて頭痛が始まります。)
片頭痛は血管の拡張に伴って起こると考えられています。片頭痛は男性よりも女性に多いと言われています。

当院で扱う薬について

片頭痛の薬物療法は急性期治療と予防治療に分けられます。
当院では片頭痛の急性期治療薬として、トリプタン製剤(イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、アマージ)、鎮痛薬(ロキソプロフェン)、制吐薬(ナウゼリン)を症状に合わせて処方いたします。
軽度~中等度の頭痛には、鎮痛薬または鎮痛薬と制吐薬を組み合わせて使用します。中等度~重度の頭痛、または軽度~中等度の頭痛でも過去に鎮痛薬の効果がなかった場合には、トリプタン製剤が推奨されています。いずれの場合にも制吐薬の併用は有用です。
※トリプタン製剤の使い分け
・発症時にすぐに痛みを取りたい場合:イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス
・痛みの再発を抑えたい場合:アマージ、レルパックス

国産正規品へのこだわり

当院で処方する薬はすべて、認可を受けた高品質でリスクの少ない国内メーカー製の薬です。
様々なお悩みを持つ患者様に安心・安全をご提供するため、当院は日本製の薬のみを取り扱うことにこだわりました。

当院のオンライン診療が
おすすめの方

短時間の診察で必要な薬を処方して欲しい方

医療機関を受診したいがなかなか予約がとれなくて困っている方

待合室で長時間待ちたくない方

一度の受診で多めにお薬が欲しい方

当院のオンライン診療で対応できないこと

診断書の発行はできません。

当院のオンライン診療では通院の煩わしさを解消し、気軽に短時間で薬をご自宅にお届けすることを特徴としているため時間をかけての診察やカウンセリングのような対応ができません。 時間をかけての診察やカウンセリングをご希望の場合は対面診療をお勧めいたします。

血液検査ができませんので、ご希望の方は最寄りの医療機関で行ってください。

当院のオンライン診療は、日本国内に在住の18歳以上の方が対象となります。海外に在住の方はお受けできませんのでご了承ください。

当院のオンライン診療では妊娠中の方への処方は行っておりません。

片頭痛
についてよくある質問

A問題ありません。

Aストレスが片頭痛を誘発しやすいといわれているため、ストレスを感じやすい人ほど片頭痛を生じやすいといえます。

A市販薬があまり効かない場合トリプタン製剤を一度試してみられることをお勧めします。

オンライン診療予約

オンライン診療「クリニクス」