オンライン診療で安心を身近に 診察料・治療薬送料無料のオンライン診療
ED・AGA
ED・AGA治療を続けやすい価格で

オンライン診療・治療薬処方

  • バイアグラ(1錠あたり 935円~)
  • シルデナフィル(1錠あたり 715円~)
  • バルデナフィル(1錠あたり 1,265円~)
  • タダラフィル(1錠あたり 935円~)
  • デュタステリドAV(1錠あたり147円~)

こんな方におすすめ

  • 仕事や家事で忙しく、病院に行く時間がない。

    病院や薬局で長時間待ちたくない。

    希望する薬をできるだけ労力をかけずに入手したい。

    近隣に医療機関がない、あっても診療内容が合わない。

    健康保険証を使いたくない。

    服用薬が決まっているが、通院している病院がいつも混んでいて苦痛。

    病院や薬局に行くのが恥ずかしい、過度に緊張してしまう。

    海外からの個人輸入薬は危険なので、国産の薬を処方して欲しい。

このようなお悩み、当院のオンライン診療で解決できます。
  • 診療から投薬までオンラインで診察無料 送料無料 迅速・安心

    自宅にいながら診療を受けられる

    健康保険証の提出が不要

    薬がすぐに届く(調剤薬局へ行く必要がない)

    短時間の診察で手間がかからない

    送料無料(診察料とお薬代のみ)

オンライン診療相談

オンライン診療「クリニクス」

ED(勃起障害)とは

ED(勃起障害)とは性行為において十分な勃起が得られない、または維持できないために満足な性行為を行えない状態のことをいいます。
勃起障害は大きく分けると心因性のものと器質性のものがあります。心因性EDとは精神的な問題が原因と考えられる勃起障害です。 自慰行為では勃起が可能でもパートナーとの間では過去の失敗経験や緊張、不安感、プレッシャーなどにより勃起不全となるようなケースです。
器質性EDとは加齢などによる動脈硬化等の原因で勃起力が低下するものです。 EDは生活面の改善に加え、治療薬を適切に使用することでほとんどのケースで改善が可能です。

AGAとは

AGAとはAndrogenetic Alopecia の略で、「男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症です。

AGAの発症には、遺伝の他、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが大きく関わっていることが分かっています。
DHTは男性ホルモンの代表格であるテストステロンが、5αリダクターゼ(1型、2型)という酵素に変換された物質です。

AGAの発症を防ぐには、5αリダクターゼの働きを抑制することが大切です。5αリダクターゼを抑制する薬には、デュタステリドとフィナステリドという2種類の薬がありますが、当院ではデュタステリドによる治療を行っています。

当院で扱う薬について

EDの治療薬として、当院ではバイアグラ、シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルをご用意しております。
それぞれに効果が出るまでの時間、効果の持続時間、効き目の強さなどに違いがありますので、患者様のご希望やライフスタイルに合わせた処方を行います。

AGAの治療薬として、当院ではデュタステリドAV(アボルブのジェネリック)をご用意しております。デュタステリドは抜け毛を抑制する内服の治療薬です。
AGAの原因となる5αリダクターゼにはⅠ型・Ⅱ型という2つのタイプが存在しますが、デュタステリドは、I型とII型両方を阻害する薬です。

フィナステリドはI型のみを阻害する薬ですが、デュタステリドとフィナステリドを一緒に服用することはできません。
デュタステリドの方が効果が高いことが期待されているため、当院ではデュタステリドのみを扱うことに致しました。

国産正規品へのこだわり

EDの薬に関しては海外からの輸入品も多く存在します。しかし海外製の薬は偽物や不純物の混合、有効成分が入っていない等のトラブルが多いのも事実です。
海外からの輸入ED薬の半数近くが偽物であるとも言われています。 当院で処方する薬はすべて、認可を受けた高品質でリスクの少ない国内メーカー製の薬です。 国産の薬は高くなりますが、患者様に安心・安全をご提供するため日本製の薬のみを取り扱うことにこだわりました。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの比較

バイアグラ(シルデナフィル) レビトラ(バルデナフィル) シアリス(タダラフィル)
特徴 即効型 超即効型 長時間持続型
効果が出るまでの時間 30~60分 15~30分 60~180分
効果 強い とても強い マイルド
持続時間 3~5時間 5~8時間 30~36時間
食事の影響 受けやすい やや受けにくい 受けにくい

特徴

男性が性的刺激を感じると、脳の中枢神経が興奮します。その後「cGMP」という物質が合成され、男性器の海綿体(スポンジのような勃起性組織)にある平滑筋(血管壁の筋肉)がゆるみます。すると、男性器に多くの血液が流れ込み勃起した状態になるのです。
しかし、勃起状態が続くと不都合なため、勃起を抑える酵素の「PDE-5」が「cGMP」を分解し、性的興奮が収まると勃起が収束していきます。この「PDE-5」が性行為時にも優勢になってしまう状態をED(勃起不全・勃起障害)と呼ぶのです。
バイアグラには「PDE-5」の働きを抑える作用があります。そのため、勃起状態を継続させることが可能です。

効果の持続時間4~5時間程度

服用方法性行為の1時間前を目安に服用

副作用ほてり、頭痛、動悸、めまいなど

服用出来ない方

・本剤と硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中及び投与後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分注意すること。
・死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認すること。
(添付文書より引用)

特徴

男性が性的刺激を感じると、脳の中枢神経が興奮します。その後「cGMP」という物質が合成され、男性器の海綿体(スポンジのような勃起性組織)にある、平滑筋(血管壁の筋肉)がゆるみます。すると、男性器に多くの血液が流れ込み勃起した状態になるのです。
しかし、勃起状態が続くと不都合なため、勃起を抑える酵素の「PDE-5」が「cGMP」を分解し、性的興奮が収まると勃起が収束していきます。この「PDE-5」が性行為時にも優勢になってしまう状態をED(勃起不全・勃起障害)と呼ぶのです。
レビトラには「PDE-5」の働きを抑える作用があります。そのため、勃起状態を継続させることが可能です。

効果の持続時間5~6時間程度(10mg服用時)、8~10時間程度(20mg服用時)

服用方法性行為の30分~1時間前を目安に服用

副作用ほてり、頭痛、めまい、動悸など

服用出来ない方本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

・硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の患者
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者、先天性のQT延長患者(QT延長症候群)クラスIA(キニジン、プロカインアミド等)又はクラスIII(アミオダロン、ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者
・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6か月以内にある患者
・重度の肝障害のある患者血液透析が必要な腎障害、低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)、不安定狭心症のある患者
・リオシグアト、CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル、ケトコナゾール(外用剤を除く)、イトラコナゾール、コビシスタットを含有する製剤)を投与中の患者
・網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝子障害を持つ症例が少数認められる。]
(添付文書より引用)

特徴

男性が性的刺激を感じると、脳の中枢神経が興奮します。その後「cGMP」という物質が合成され、男性器の海綿体(スポンジのような勃起性組織)にある平滑筋(血管壁の筋肉)がゆるみます。すると、男性器に多くの血液が流れ込み勃起した状態になるのです。
しかし、勃起状態が続くと不都合なため、勃起を抑える酵素の「PDE-5」が「cGMP」を分解し、性的興奮が収まると勃起が収束していきます。この「PDE-5」が性行為時にも優勢になってしまう状態をED(勃起不全・勃起障害)と呼ぶのです。
シアリスには「PDE-5」の働きを抑える作用があります。そのため、勃起状態を継続させることが可能です。

効果の持続時間20~24時間程度(10mg服用時)、30~36時間程度(20mg服用時)

服用方法性行為の2~3時間前を目安に服用

副作用ほてり、頭痛、めまい、動悸など

服用出来ない方本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

・硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の患者
・可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中の患者
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
・不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある患者
・コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある患者
・心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者
・脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
・重度の肝障害のある患者
・網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。]
(添付文書より引用)

特徴

デュタステリドはAGAの治療薬であり、男性型脱毛症の治療薬として学会からも強く勧められています。デュタステリドは薄毛の進行を抑制するだけでなく、発毛・育毛を促す効果も期待できます。

デュタステリドの主な効果は、5αリダクターゼの阻害です。AGAの発症のきっかけとなるジヒドロテストストロン(DHT)の生成を妨げ、薄毛の進行を抑制します。

デュタステリドの主な役割はAGAを発症させる原因に作用し脱毛の進行を止めることです。つまり薄毛を予防する守りの薬ということです。

フィナステリドが5αリダクターゼⅠ型(主に全身の皮膚や皮脂腺に存在)のみ阻害するのに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型(主に前頭部、頭頂部、髭などに存在)の両方を阻害することが特徴です。これにより、デュタステリドはAGAの進行をより強く抑えられます。

効果の持続時間5αリダクターゼⅠ型とⅡ型を阻害し、男性における男性型脱毛症の進行遅延

服用方法通常、成人にはデュタステリドとして1回0.5mgを1日1回経口投与する。

副作用性欲減退、勃起不全、乳房障害(女性化乳房、乳房痛)など

服用出来ない方本剤の成分及び他の5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者

女性
小児等
重度の肝機能障害のある患者
 (添付文書より引用)

当院のオンライン診療が
おすすめの方

当院のオンライン診療は男性医師が対応します。

短時間の診察で基本的にはご希望の薬を処方いたしますので、対面診療が恥ずかしい、受診する時間がないという方におすすめです。

当院のオンライン診療で対応できないこと

診断書の発行はできません。

当院のオンライン診療では通院の煩わしさを解消し、気軽に短時間で薬をご自宅にお届けすることを特徴としているため時間をかけての診察やカウンセリングのような対応ができません。時間をかけての診察やカウンセリングをご希望の場合は対面診療をお勧めいたします。

血液検査ができませんので、ご希望の方は最寄りの医療機関で行ってください。

当院のオンライン診療は、日本国内に在住の18歳以上の方が対象となります。海外に在住の方はお受けできませんのでご了承ください。

EDのお薬を女性の患者様へ処方することはできません。

ED・AGA治療
についてよくある質問

Aバイアグラは一番最初に認可されたED治療薬で、食事の影響を受けやすく、効果は高めで、持続時間は短いです。
レビトラはバイアグラよりも食事の影響を受けにくく 、また効果が高く、持続時間も長めです。
シアリスは最も食事の影響を受けにくく、効果はややマイルドですが、持続時間がかなり長めとなっています。

Aレビトラは15分から30分、バイアグラは30分から1時間、シアリスは1時間ほどで効果が出現します。

Aバイアグラは3~5時間、レビトラは5~10時間、シアリスは30~36時間効果が持続します。
なお薬が効いている間中ずっと勃起するのではなく、性的刺激があった場合にのみ勃起します。

AAGAの進行度にもよりますが、3ヶ月〜6ヶ月ほどかかると言われています。

A勃起不全、性欲減退、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛)、精液減少などの副作用が現れる場合があります。

オンライン診療予約

オンライン診療「クリニクス」