オンライン診療で安心を身近に 診察料・治療薬送料無料のオンライン診療
社交不安障害・多汗症

オンライン診療・治療薬処方

  • インデラル(1錠あたり 198円~)
  • セロケン(1錠あたり 202円~)
  • プロバンサイン(1錠あたり 88円~)

こんな方におすすめ

  • 仕事や家事で忙しく、病院に行く時間がない。

    病院や薬局で長時間待ちたくない。

    希望する薬をできるだけ労力をかけずに入手したい。

    近隣に医療機関がない、あっても診療内容が合わない。

    健康保険証を使いたくない。

    服用薬が決まっているが、通院している病院がいつも混んでいて苦痛。

    病院や薬局に行くのが恥ずかしい、過度に緊張してしまう。

    海外からの個人輸入薬は危険なので、国産の薬を処方して欲しい。

このようなお悩み、当院のオンライン診療で解決できます。
  • 診療から投薬までオンラインで診察無料 送料無料 迅速・安心

    自宅にいながら診療を受けられる

    健康保険証の提出が不要

    薬がすぐに届く(調剤薬局へ行く必要がない)

    短時間の診察で手間がかからない

    送料無料(診察料とお薬代のみ)

オンライン診療相談

オンライン診療「クリニクス」

社交不安障害とは

人前で注目が集まるような状況で、強い不安や恐怖、緊張を感じ、
何か失敗して自分が恥をかくのではないかという心配や強い不安を感じる病気を社交不安障害(SAD)といいます。
社交不安障害は、社会不安障害またはあがり症と言われることもあります。
性格の問題と混同される場合もありますが、社交不安障害では極度の緊張と共に、赤面、多量の汗、動悸といった身体症状があらわれて、
次第にそうした場面を避けることにより日常生活に支障が出てしまいます。

多汗症とは

多汗症とは日常生活に支障が出るほど異常な量の汗をかく病気です。顔や手、脇、足の裏など全身から多量の汗をかく全身性多汗症と手のひらや足の裏など限定された場所のみに多量の汗をかく局所性多汗症がありますが、局所性多汗症が多汗症の大部分を占めています。
例えば手のひらに多量の汗をかく手掌多汗症は、試験の答案用紙や仕事の書類が汗でびっしょり濡れてしまうようなケースもあり、日常生活に支障が出たり、精神的な負担となることも少なくありません。

当院で扱う薬について

社交不安障害や多汗症に対する治療薬が多数ある中、当院のオンライン診療では処方薬を厳選いたしました。
社交不安障害に対してはβブロッカーのインデラル、セロケンを頓服でご用意しております。多汗症に対しては抗コリン薬のプロバンサインを頓服で処方いたします。
インデラル、セロケンは、血圧を下げる作用のある薬です。緊張する場面の前に服用することで、不安や緊張によって起こる動悸や震えを緩和する効果が期待できます。

社交不安障害の治療ではSSRIを用いることが一般的ですが、緊張する場面が限られている方や、緊張する機会が月に数回しかないような方の場合、 心療内科に長期間通院してSSRI等を飲み続けるよりも、頓服薬でその場を乗り切れたほうが効率的かつ副作用が最小限だと考えられます。
例えば、大事な面接、プレゼン、スピーチ等の場面で過度に緊張してしまう場合、その前に頓服薬を服用することで動悸、声や手の震え、発汗、 思考力の低下といった症状が緩和されパフォーマンスの向上が期待できます。
会食の際や人前で字を書く際に手が震えてしまうといった症状にもインデラル、セロケンは有効です。
頓服薬を用いながら、緊張せずにうまくできたという成功体験を積み重ねることによって自信がつき、緊張する場面に対する苦手意識も軽減することが期待できます。

SSRIはこまめな調整や定期的な血液検査が必要となるため、当院のオンライン診療では副作用や依存性の少ないインデラルのみを扱うことにいたしました。 日常生活に支障が出るほど症状の重い方、毎日強い緊張を強いられている方は対面診療をおすすめいたします。

プロバンサインは抗コリン薬です。汗を出す指令(アセチルコリン)をブロックすることで、発汗を抑える作用があります。 全身どの部位の多汗症に対しても用いることができる点をポイントに処方薬として採用しました。

国産正規品へのこだわり

当院で処方する薬はすべて、認可を受けた高品質でリスクの少ない国内メーカー製の薬です。
様々なお悩みを持つ患者様に安心・安全をご提供するため、当院は日本製の薬のみを取り扱うことにこだわりました。

当院のオンライン診療が
おすすめの方

当院のオンライン診療では頓服薬の処方となるため以下のような方におすすめです。

緊張や発汗が起こる機会が月に数回程度しかない方

診察やカウンセリングに時間をかけず、短時間の診察で頓服薬が欲しい方

頓服薬でとりあえずその場を乗り切りたい方

当院のオンライン診療で対応できないこと

SSRIの処方

当院のオンライン診療の特性上、こまめな調整が必要であり、副作用が比較的多く、定期的な血液検査が必要であるSSRIを処方することが出来ません。 日常生活に支障が出るほど症状の重い方、毎日強い緊張を強いられている方は対面診療をおすすめいたします。

時間をかけての診察

当院のオンライン診療では通院の煩わしさを解消し、気軽に短時間で薬をご自宅にお届けすることを特徴としているため、 時間をかけての診察やカウンセリングのような対応ができません。
時間をかけての診察やカウンセリングをご希望の場合は対面診療をお勧めいたします。

当院のオンライン診療は、日本国内に在住の18歳以上の方が対象となります。海外に在住の方はお受けできませんのでご了承ください。

当院のオンライン診療では妊娠中の方への処方は行っておりません。

診断書の発行はできません。

社交不安障害のオンライン診療
についてよくある質問

A個人差はありますが、服用後30分ほどで効果があらわれ、4~6時間持続します。

Aインデラル、プロバンサインともに、特に依存性の心配はありません。

A効果に個人差はありますが、かなりの確率で効果を期待できます。

A便秘や口の渇きなどの副作用が出る場合があります。

オンライン診療予約

オンライン診療「クリニクス」