症状解説

自律神経失調症

自律神経失調症とはどんな病気?

冷え症や睡眠不足・食事の変化・ホルモンの変化などのきっかけや、会社や家庭のストレスなどの環境の変化などで、自律神経のバランスが崩れ、体や心のバランスが乱れる状態を、「自律神経失調症」といいます。その結果、疲れやすさ・だるさ、便秘や下痢、頭痛やほてり、喉の違和感や動悸、しびれや手の汗、頻尿や残尿感などの体の症状が出てしまうのです。
なお「自律神経失調症」とは、自律神経は働いているがバランスか崩れている状態を指しますので”内臓の検査で調べても体や神経に何か悪い病気や異常は見つからない“というのが「自律神経失調症」の特徴です。自律神経には交感神経と副交感神経という2つの対照的な働きをもつ神経があり、ほとんどの器官はこの2つの神経が同時にバランスよく働いて維持されています。ところが、ストレスが心身に影響を及ぼしてくると、2つの自律神経のバランスが悪くなり、心身にいろいろな不調(不定愁訴)、例えばめまい、発汗、動悸、のぼせ、手足の冷え、不眠、食欲不振などが現れてきます。これが自律神経失調症と呼ばれているものなのです。
自律神経のバランスの乱れといってもいくつかの「乱れ方」があります。現代人は自律神経の「乱れ方」に大きな特徴があります。交感神経の働きが優位になりすぎて、副交感神経の働きの衰えた人が多いです。これは自律神経の乱れる原因が強すぎるストレスにある場合が多いためです。ストレスは心身を緊張状態へと導き、交感神経を優位にさせる原因といえます。

また、上記のような自律神経失調症の症状が出た結果、日常生活や社会生活が制限されるケースが多くあります。めまいや頭痛などの症状の為に、「朝会社に行けない」、「家事ができない」状態になり、外出できなくなったり、家に引きこもりがちになります。また、症状がつらくても、内科や耳鼻科など体の病院にかかっても、検査では異常がないといわれるため、症状を我慢し続けたり、日常や社会生活でできることが減ってしまう期間が長くなってしまう場合もあります。さらに、周りから気づいてもらえないパターンが多いため、症状が多岐にわたるために、症状がつらいとより強く感じやすいのが特徴です。周りから気づいてもらえずに、相談できたときには既に症状が大きくなってしまいがちです。

自律神経失調症の症状

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ることがあります。
その症状は、現れたかと思うと消えて、また現れたり、別の場所に症状が現れたり、同時に3つも4つも症状が現れることも珍しくありません。

  • だるさ
  • 疲労感
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 口やのどの不快感
  • 汗が多い
  • 頻尿残尿感
  • ひどい肩こり
  • 冷え
  • ほてり・微熱が続く
  • 片頭痛
  • 便秘・下痢
  • 手足のしびれ
  • 動悸・息切れ・息苦しさ
  • 焦燥感、不安感

治療方法

自律神経失調症の治療は、心と体の両面から行うことが大切です。
食事、運動、睡眠など、生活習慣に問題がある場合も多く、生活習慣を改善することも必要です。
大きく3つの療法があり、その中に様々な種類の治療法があります。

1規則正しい生活リズムの回復

自律神経のバランスの乱れには、多くは睡眠不足や生活のリズムの乱れ、体力的な疲れや食生活の変化などがきっかけである場合があります。その場合には、ゆっくりと休む時間を取ることや、規則正しい生活リズムの回復を目指すことで自律神経失調症の改善につながることがあります。

2薬物療法

当院では、患者様と相談させて頂き、必要と判断される場合にのみ“適切な量のお薬“を提案させていただきます。しっかりと質の良い睡眠を促すための睡眠薬や、ストレスで崩れた自律神経の症状を心のバランスから整える抗うつ薬など、その他は抗不安薬など症状に応じて、少量から開始します。

3心理士によるカウンセリング

心理士とのカウンセリングも有効となります。日常の生活のリズムの整え方や、生活指導だけではなく、ストレスをため込みやすい癖や考え方などの対処の仕方や見直し方などの指導も行っております。

ご来院いただいた後の注意点

「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、気になることは主治医によく相談するようにしてください。

自律神経失調症チェックシート

  1. めまいや耳鳴りのするときが多い。または立ちくらみをよく起こす
    はい ・ いいえ
  2. 胸が締め付けられる感じがする。または胸(心)がザワザワする感じが時々ある
    はい ・ いいえ
  3. 鼓動がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある
    はい ・ いいえ
  4. 息苦しくなるときがある
    はい ・ いいえ
  5. 手足の冷えがある
    はい ・ いいえ
  6. 胃の調子が悪いことが多い。(お腹がすかない・胸やけ・膨満感・胃が重いなど)
    はい ・ いいえ
  7. よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す
    はい ・ いいえ
  8. 慢性的な肩こりや腰痛がある
    はい ・ いいえ
  9. 手足のダルさがある
    はい ・ いいえ
  10. 顔だけ汗をかく、または手足だけ汗をかく
    はい ・ いいえ
  11. 朝、すっきりと起きられない
    はい ・ いいえ
  12. いつも緊張してイライラしてしまう
    はい ・ いいえ
  13. 急に不安感や恐怖感に襲われることがある
    はい ・ いいえ
  14. 何に対してもやる気が起こらない
    はい ・ いいえ
  15. 飲み込みづらい時がある。ノドに違和感がある。ろれつが回らない時がある
    はい ・ いいえ
  16. いつも不幸で憂うつに感じる
    はい ・ いいえ

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する