症状解説

うつ病の種類

うつ病の分類として、「メランコリー型」、「非定型」、「季節型」、「産後」などがあります。

メランコリー型うつ病とは

「メランコリー型」は、典型的なうつ病と言われることの多いタイプです。さまざまな仕事や責務、役割に過剰に適応しているうちに脳のエネルギーが枯渇してしまうような経過をたどるものを指しています。特徴としては、良いことがあっても一切気分が晴れない、明らかな食欲不振や体重減少、気分の落ち込みは決まって朝がいちばん悪い、早朝(通常の2時間以上前)に目が覚める、過度な罪悪感、などがあります。

非定型うつ病とは

「非定型うつ病」とは「新型うつ病」、「現代型うつ病」と言われているうつ病のグループの総称です。20~30代の女性に中心に発症者数は増加しています。

従来型のうつ病との違いには以下のようなものが挙げられます。

従来型うつ病:遊ぶときも気分が落ち込んでる、自責思考、不眠、拒食
非定型うつ病:遊ぶときには気分が良い、他責思考、過眠、過食、体の鉛のような重さ

ストレスを感じるときは気分が落ち込む一方、ストレスを感じないことに対しては気分がよくなる、という症状が挙げられます。従来のうつ病とは違い気分反応性が高いです。

例えば仕事の後に遊びに行く予定が入っていたとき、仕事中は落ち込んでいますが、終業後遊びに行くときは気分が良いというものです。従来のうつ病であれば、仕事中も遊んでいる間も気分が落ち込んでいる状態でした。

もう一つの特徴として、他責思考になりがちというのがあります。従来のうつ病では、自分を過度に責めてしまう傾向が強いですが、このタイプのうつ病は、なんでも他人のせいにしがちな思考に陥っている人が多い傾向があります。
また、体に出る症状としては過眠や過食、体が突然鉛のように重たくなったりするという症状があります。

さらに、このような非定型うつ病の患者は、自分が「うつ病である」ということを声高に主張する人も多い傾向にあり、一見甘えている様にしか見えません。しかし、本人はかなり苦しんでいることが多く、自死をしてしまう患者も多いのが現状です。

従来の抗うつ薬の効果が出づらく、気分安定薬による強化療法の併用や、NaSSAやクロナゼパム・二環系抗うつ薬を使用しますが、いずれにせよ長期間かけて治療する必要があります。

「季節型うつ病」について

また、「季節型うつ病」というのは非定型うつ病の一つです。季節型感情障害(SAD)とも呼ばれ、主に特定の季節に発生し、食欲低下、不眠、不安感、精神的不調などのうつ症状を半年程度のサイクルで毎年繰り返す症状のことです。

また、冬と夏に現れることから季節型うつ病と呼ばれるようになりました。これらを「夏季うつ病」「冬季うつ病」と呼びます。

冬季うつ病

冬に症状があらわれ、春先になると回復します。成人前後から徐々に発症し、男性よりも女性に多くみられます。

冬季うつ病の発症時期とその原因

冬季うつ病は10月~11月ころから発症し、3月には回復します。症状としては従来のうつ病と違い、過食、過眠の症状が現れます。原因は日照量不足であるといわれています。日照時間の短い、北欧の国々などはこの冬季うつ病の発症率が、南国などと比べると高いことがわかっています。

冬季うつ病の対処法

  • ・高照度光照射療法
    太陽光と同じような特殊な光を目から吸収させ、生体リズムを整える治療のことです。これは保険適用外となります。

  • ・食生活の改善
    日照量の不足はセロトニンの合成速度を低下させ、冬季うつ病を発症させやすくします。このセロトニンはトリプトファンから生成され、これはバナナやチーズなどの食品に含まれているため、栄養面ではトリプトファンの摂取を心がけましょう。

  • ・規則正しい生活
    日頃から昼夜逆転したせい生活ではなく、陽のあたる朝に起床、夜に寝ることが肝要です。陽の光はホルモン分泌のリズムなどの生体リズムを調整する作用があり、ちゃんと浴びていないと、体調に不調をきたしてしまうこともあります。ですので、通勤などを活用して朝は30分ほどのウォーキングを行ってみましょう。

冬季うつ病の状態チェックリスト

悪い どちらかと言えば
悪い
どちらかと言えば
良い
良い
睡眠状態 3 2 1 0
人間関係 3 2 1 0
精神状態 3 2 1 0
食生活 3 2 1 0

※8点以上だった人は冬季うつの可能性が高いので要注意

夏季うつ病について

その名の通り、夏場に発症するうつ病のことです。こちらも女性のほうが男性よりも発症しやすいと言われています。

夏季うつ病の発症時期と症状についての原因

冬季うつ病は6月ころから発症し、9月には回復します。原因は日光の浴びすぎであったり、日頃から冷房をつけるのを我慢してしまうことが原因と言われています。というのも、夏季うつ病は外的要因がストレスとなって発症させてしまうためです。症状としては、カラダが重い、全身の倦怠感、やる気が出ない、無気力感など夏バテと似たような症状が現れます。

夏うつ病を治す対処法

・食生活の改善
こちらは冬季うつ病と変わらず、夏季うつ病でもトリプトファンが不足し、セロトニン分泌量が少なくなるため、炭水化物だけではなく肉や卵などの食物を摂取しましょう。

・暑さ対策
まずは、暑すぎることがストレスになってうつ症状を発症させてしまう可能性があるため、できるかぎりクーラーの効いた部屋にいるようにしましょう。しかし、クーラーによる冷やしすぎもまたストレスになってしまうため、自分にとってちょうど良い温度の場所で生活や仕事ができるようにしましょう。

・睡眠不足対策
ブルーライトが発生するPCやスマホを夜使わないようにしましょう。自分の睡眠を妨げる原因となります。睡眠が取れない事によって疲労がたまりやすくなったり、自律神経が乱れて「夏季うつ病」の大きな原因となります。

夏季うつ病の状態チェックリスト

悪い どちらかと言えば
悪い
どちらかと言えば
良い
良い
睡眠状態 3 2 1 0
精神状態 3 2 1 0
食生活 3 2 1 0

※6点を超えたら要注意

うつ病は心の弱さが原因で起こるものではありません。薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、しっかりと医師の診察と適切な治療を受ければ治すことができる病気です。
うつ病による周囲の人への影響として、周りの人とのコミュニケーションがうまくとれなくなってしまうことがあります。日常生活でも、家族や夫婦のコミュニケーションがうつ病のせいで上手くいかなくなってしまったり、その結果、子供や家族との関係が悪くなり、自分だけではなく、夫婦関係や子供の成長などにも影響を及ぼすことがあります。もちろん、職場の人間関係で誤解を招くことも多くなります。
うつ病を早く治して、あなたのより良い日常と、家族や職場とのより良い環境を取り戻していきましょう。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する

Menu