ブレインフォグとは?どんな症状なのか、どんな治療法があるのか解説します

皆さんはブレインフォグという症状を知っていますか?

ブレインフォグとは新型コロナウイルスの後遺症で発生する可能性がある症状であり、正式な医学用語ではありません。まだ明確に治療法が確立されていないので、ブレインフォグの症状が現れたとしてもハッキリとした対処ができないのが現状です。

ただ、確立されていないだけで治療法がないわけではないので、ブレインフォグの症状が出たら病院を受診するのがおすすめです。

それでは、ブレインフォグの症状や治療法などについてご説明しましょう。

【ブレインフォグとは?】

ブレインフォグとは新型コロナウイルスの後遺症の一つで、まるで頭の中にモヤがかかったようにぼんやりして物事が思い出せない状態を指した症状です。

新型コロナウイルスが完治してもひどい後遺症に悩まされるケースも多く、ブレインフォグによって以前よりも物忘れがひどくなったケースもあります。

ただ、ブレインフォグは一般的に使われる症状の総称であり、正式に決められた病名ではありません。

ブレインフォグのよくある症状として挙げられるのは、以下の症状です。

• 頭がぼーっとして集中できない
• 頻繁に物事が思い出せなくなる
• 相手の話が頭に入ってこない
• 今までできた仕事が上手くできない
• 今まで問題なかったのに、普段の音がうるさく聞こえる
• 何をするにも億劫で考えがまとまらない

以上の症状はうつ状態の時の症状に似ていますが、これは新型コロナウイルスによってうつ病状態になっているかもしれないという見解です。

とはいえ、実際はブレインフォグとうつ病の見分けがつかないことも多くあります。

ブレインフォグに限らず新型コロナウイルスそのものの症状も多種多様なので、エビデンスが全く足りていない状態です。したがって、ブレインフォグかどうかを判断するには、症状の経過を見ながらどんな病態なのかを推測していきます。

ブレインフォグではなくうつ病の症状だと判明すれば、うつ病の治療ができるようになります。

こうして試行錯誤を繰り返していかないと治療できない症状なので、うつ病の症状がどんなものなのかを知ることも大切です。

【こういうことで困っている?】

最近やる気が出なかったり、気分が落ち込んだり、いつもやっている仕事ができなくなったり、物忘れがひどくなったりして困っていませんか?

もしかしたら、それはブレインフォグの症状かもしれません。

似たような症状を引き起こす病気もあるため、必ずしもブレインフォグだと断定することはできませんが、ブレインフォグの可能性は十分にあるでしょう。

ただし、必ずしも新型コロナウイルスだけがブレインフォグを引き起こすわけではありません。

脳疲労や不安、ストレス、不規則な生活、生理、更年期といった原因が挙げられます。

これらの状態によってブレインフォグが起きている可能性も否定できないため、思い当たることがあればそこから改善していく必要性があるでしょう。

【どういう場合は受診した方がいい?】

もしも以下のような症状で困っているなら、病院を受診するのがおすすめです。

• 新型コロナウイルスが治ってからというものの、集中できないことが多くなった
• 物忘れがひどくなった
• 相手と会話をしていても上の空になることが多い
• 今までできていた仕事が遅くなったり、ミスをしたり、できなくなったりしている
• いつもよりも音が大きく感じる
• 気分が落ち込みやすくなった
• 何をしてもやる気が出なくなった
• 日常的に倦怠感を感じやすくなった
• イライラしやすくなった
• 体調不良を引き摺って出勤している

以上の状態になっている人は、ブレインフォグとうつ病に加えてプレゼンティーイズムの状態になっている可能性があります。

プレゼンティーイズムとは、心身に不調を抱えていることが原因で出勤した時に十分なパフォーマンスが発揮できない状態です。

プレゼンティーイズムは、体調不良なのに無理して出勤している状態や、病気を抱えながら出勤している状態、そして労働者の生産性の低下などが定義となっています。

ブレインフォグかどうかを判断するにはうつ病に加えてプレゼンティーイズムの状態になっていないかどうかも判断しなければならないため、すぐに病状を診断することはできないでしょう。

プレゼンティーイズムはうつ病が回復していないことも原因として挙げられているため、うつ病を発症しているかどうかが焦点になります。

上記の症状が長く続いている人ほど、すぐに病院を受診した方が良いでしょう。

【どういう治療があるの?】

ブレインフォグを治療する方法は確立されていませんが、TMS治療によってうつ病かどうかを先に調べる治療法があります。

TMS治療はブレインフォグに対して確たる有効性が確認されていないものの、元々は薬に頼らない治療法として2019年6月に日本で認可されています。

なお、TMS治療が行われるのはうつ病が疑われる人に対してのみです。

自分ではブレインフォグだと思っていた症状が、実はうつ病だったり、うつ状態になっていたりするケースが多くあります。もしもうつ状態、もしくはうつ病だと判明すれば、うつ病の治療に切り替えていくだけでいいので、まずはうつ病かどうかの診察を行うのが一般的です。

ブレインフォグはあくまで一つの症状に過ぎないため、TMS治療以外にも休息を取ったり、薬物治療を行ったり、心療療法やその他の治療を行う場合もあるでしょう。

基本的にうつ病治療をベースに治療が行われるケースが多いため、最初にゆっくりと休息を取って心身を休めるだけでなく、経過を見ながら薬物治療で回復を目指していきます。

【まとめ】

新型コロナウイルスはまだまだ分からないことが多く、エビデンスも全く足りていないので手探りで治療を進めるしかない状況です。

ブレインフォグも新型コロナウイルスの後遺症の一つとして現れる可能性がある症状の一つであり、ハッキリとした病気ではありません。うつ病と似た症状が多いため、まずはうつ病との関連性がないか両面で経過観察を行いつつ病態を調べていくのが一般的です。

もしもご紹介した症状に覚えがある人は、当院にご相談ください。

たわらクリニックの紹介

たわらクリニックは一人一人の患者様のご状況に合わせてオーダーメイドでの診療を行います。
心身に異変を感じたら、お気軽にお電話などでご相談ください。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する