症状解説

更年期障害

更年期障害とはどんな病気?

更年期とは、閉経を挟んで前後10年の時期のことを指します。卵巣機能が衰退しはじめ、消失する時期にあたります。閉経の平均年齢は約50歳なので、標準的には大体45歳~55歳が「更年期」ということになりますが、閉経年齢には個人差があるため、早い人は40代前半で更年期に差し掛かることもあります。
更年期障害は、エストロゲンの分泌が急激に減少することによって起こります。
初経、妊娠・出産、閉経といった女性特有の体の働きを支配しているのが卵巣から分泌される女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)です。エストロゲンは40歳頃より低下しはじめ、更年期障害はこのエストロゲンの分泌が急激に減少することによって起こります。脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。
また、この年代の女性を取り巻く家庭や社会環境の変化からくる心理的ストレスが大脳皮質・大脳辺縁系に影響を与え、憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こします。この自律神経失調症状と精神症状が相互に影響し合って、更年期障害の病状を複雑にしています。

症状は、自律神経失調症状、精神症状、その他の症状に分けられます。通常、自律神経失調症状と精神症状は混在しています。
自律神経性更年期障害の代表的なものは、ホットフラッシュ(顔ののぼせ、ほてり)、発汗などの症状です。ホットフラッシュは閉経女性の40〜80%に認められ、1〜数年間続き、長期にわたる場合もあります。しかし、そのうち治療を要するものは25%とされています。
精神症状としての憂うつは、閉経女性の約40%に認められています。また、最近の調査では、日本の更年期女性の特徴として、ホットフラッシュよりも肩こりや憂うつを訴える頻度が高いことがわかっています。
更年期に出現する心身の様々な症状の現れ方は人それぞれです。更年期症状が極端にひどく、日常生活にまで支障をきたしてしまう場合を更年期障害と言い、治療の対象になります。

50歳前後の男性が、女性と同じように自律神経失調症のような症状を訴えるケースが増えているそうです。一般的に自律神経失調症という診断名にされることが多いようですが、年齢と症状は「男性の更年期」ともいえます。
女性の更年期との類似点は、心理的なストレスによる抑うつや不安といった精神的症状が見られること。女性ホルモンの減少で起こるホットフラッシュのような症状は、男性には起こりません。かわりに、性的能力の減退を訴える男性が多く、泌尿器科での治療(男性ホルモン補充)が必要となる場合があります。

更年期障害の主な症状

身体症状

  • だるい
  • たちくらみ
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り
  • のぼせ
  • 動悸
  • ほてり
  • 手足のしびれ
  • 多汗
  • 関節の痛み
  • 手足の冷え
  • からだのかゆみ
  • 腰痛
  • 肌や目、口の乾燥
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 尿トラブル
  • めまい

精神症状

  • イライラ
  • 不眠
  • 不安感
  • 抑うつ感
  • 焦燥感
  • 意欲低下

治療方法

更年期障害の程度は、本人の性格、精神状態、周囲の環境などから影響を受けます。まずは、生活習慣・生活環境の改善を図るのが基本です。
ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、発汗などを中心とする自律神経失調症状には、エストロゲンによるホルモン補充療法(HRT)や薬物療法が中心になります。
また、社会心理的要因により誘発されると考えられている精神症状性更年期障害に対しては、漢方薬を主体にした薬物療法が有効です。

1ホルモン補充療法

ホルモン補充療法(HRT)は更年期に減少した女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンを薬で補う療法です。日本では閉経後の女性の1.7%がHRT治療を受けています。治療には女性ホルモンが含まれた錠剤や貼付剤が使われます。血液検査や尿検査を行って、現在のホルモンの分泌量を調べてから適量の薬が処方されます。
なお、乳がんや子宮体がんは、エストロゲンと深い関わりがあるため、乳がんや子宮体がんになった人はHRTなどの補充療法を受けることはできません。HRTを始める前には、必ず乳がん検診と子宮体がん検診を行って治療の適用があるかを確認します。また治療中は少なくとも6ヵ月~1年に1回、血液検査やこれらのがん検診を行うことが奨められています。

※当院では行っておりません。ホルモン補充療法を行っている医療機関への紹介状をお出しすることは可能です。主治医とご相談ください。

2薬物療法

更年期障害に対しては、漢方薬が有効である場合が多いです。漢方薬は効き目が緩やかな半面、副作用が少なく、長期に服用できることがから選ばれることが多い治療法です。
漢方には独特の概念があって、体力のあるなしや、「気・血・水」といった要素によって体質を判断し、そのタイプにあった漢方薬が処方されます。
また、更年期障害による精神面への症状が強い場合や、ホルモンバランスの乱れよりも心因性を原因としている場合に、抗不安薬や抗うつ薬が使われる事もあります。

ご来院いただいた後の注意点

  • 更年期は運動習慣を持つ女性の方がのぼせなどの症状が軽くなるといわれています。
    治療中でも軽い体操やウォーキングなどを取り入れるなど、生活を工夫していただくことも重要です。
  • 更年期障害だと思っていたけど、実は女性特有の病気である可能性もあるので、通常の人間ドック以外に女性検診を受診する習慣を身に着けることをお勧めします。

更年期障害チェックリスト

  1. 生理の周期が不規則になったり、量が少なくなったりする
    はい ・ いいえ
  2. のぼせ、めまい、肩こりがある
    はい ・ いいえ
  3. 顔が突然ほてる(ホットフラッシュ)ことがある
    はい ・ いいえ
  4. 理由がないのに、動悸(どうき)がしたり、暑くないのに汗が出たりする
    はい ・ いいえ
  5. 手足がひんやりしたり、腰から下が冷えやすい
    はい ・ いいえ
  6. いつも頭が重い感じがしたり、頭痛や耳鳴りがある
    はい ・ いいえ
  7. 夜、眠れなかったり、すぐに目が覚めてしまうことが多い
    はい ・ いいえ
  8. イライラしたり、怒りっぽい
    はい ・ いいえ
  9. 気分が沈み、食欲が落ちたり、憂うつで何もする気になれないことが多い
    はい ・ いいえ
  10. 性器がかゆかったり、性交痛、性交時の出血がある
    はい ・ いいえ
  11. 尿がもれたり、近くなったり、排尿痛がある
    はい ・ いいえ
  12. 皮膚の表面がしびれたり、かゆみがある
    はい ・ いいえ
  13. 便秘や下痢(げり)、下腹部痛がある
    はい ・ いいえ

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する