症状解説

パニック障害

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうのではないか、というような強い不安感に襲われる病気です。この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。100人に1人はパニック発作にかかったことがあるとも言われており、決して珍しい病気ではありません。
突然動悸やや息切れや震えの症状が、どうして内科では何ともないと言われたのに出現するのでしょうか。パニック障害の原因は、今のところまだはっきりしていないところもあります。しかし、これまでの研究から、パニック障害は気持ちのもち方でなく、脳内の不安に関する神経系の機能異常に関連していることがわかっています。
これは、パニック障害の患者さんでは、脳の3つの部分に通常とは違った変化が起こっていることが指摘されているためです。まず大脳は、思考や意思などの高度な精神活動にかかわる場所です。パニック障害ではこの部位のセロトニンの分泌異常により、回避行動などが生じると考えられています。次に大脳辺緑系は、本能的な不安や興奮が生まれる場所で、ここで分泌されるセロトニンという物質がその調整を行っています。パニック障害ではこの部位のセロトニンの分泌異常により、漠然とした強い不安が続くのではないかと考えられています。最後に、青斑核は脳内で警報装置のような役割をしていて危険があるとシグナルを出し、このサインを視床下部がキャッチし血管や心臓、汗腺に反応を起こします。パニック障害ではこの部位の誤作動により、危険がないのにもかかわらず、パニック発作が起こってしまうのではないかと考えられています。このように、脳の各部位のそれぞれがもつ機能に応じて、パニック発作や予期不安、広場恐怖などの症状があらわれていると考えられています。これらの部位はお互いに関連しあってネットワークを作っています。

動悸や息切れしびれなど、どんな症状であれ、急にでてきては困ってしまうものです。症状が出るのが怖い。また出たらどうしよう。など、その不安がさらなる不安を呼び、さらに困った症状を誘発してしまうのです。
負のスパイラルの進行の為に、外出回数が減ったり、外出がができなくなって家に引きこもるようになってしまい、家庭や職場の理解が十分に得られずに、ゆううつな気持ちが強くなる「うつ病」の状態となりやすくなります。日常生活や社会生活が必要以上に制限されないように早期治療が肝要です。

パニック障害の症状

精神面の症状

  • 自分が自分でない感じがする
  • 意識を失うような恐怖
  • このまま死んでしまうのではという恐怖
  • また発作が起きるのではないかという強い不安(予期不安)
  • (電車やバスなど)発作が起きた場所が怖い(広場恐怖)

身体面の症状

  • 心臓がドキドキして動悸がする
  • 息切れや息苦しさが突然出て苦しく感じる
  • のどに何か詰まったような感じがあって、息が吸いづらい・吐きづらい感じがする
  • 胸に痛みや不快感がある
  • お腹の違和感が突然出てくる
  • 吐き気が出てくる
  • 体がしびれる感じがする
  • 突然、汗が出てくる
  • 体の震えがでる
  • めまいやふらつき、気が遠くなる感じがする
  • 肩や筋肉の凝りがある
  • 頭痛がするときがある

パニック障害の具体的な症状例

では実際、上記のような症状はどのような場面で起こるのか、具体的な例を挙げます。

  • 満員電車に乗っている時に突然、動悸や息苦しさが起こった。
  • 夜、布団の中に入ると、不安感が襲い、眠れないことがある。
  • 通勤のバスの中で突然、過呼吸の症状を感じ途中で降りてしまった。
  • また過呼吸が起こるのではないかと不安で飛行機に乗れない。
  • 動悸の不安のために首都高などの高速道路で車の運転が出来ない。
  • デパートの混み合っている売り場で立ちくらみがして不安になった。
  • レストランで食事をしてる時に吐き気を感じ食べられなくなった。
  • 満員のライブ会場で過呼吸の症状が起きた。
  • 病院で診察を待っている時に目眩や息苦しさを感じた。
  • 歯医者さんで治療してもらっている時に息苦しさを感じた。
  • 満員のエレベーターに乗っている時にドキドキし不安になった。
  • 苦手な注射をする時にドキドキし、血の気が引く感じがする。
  • 周りに誰もいない仕事場で急にドキドキし過呼吸の症状が起こった。

上に書かせて頂いたような症状を経験したことのある人は、パニック障害の可能性があります。

当院でのパニック障害の治療方法

薬による治療と認知行動療法という、考え方やものの見かた(認知のゆがみ)を変えるための方法を用いて治療を行っていきます。

1薬物療法

抗うつ薬(SSRI)という心のバランスを整える薬を中心にして治療をしていき、必要に応じて抗不安薬を使い、症状を抑えます。
また、ストレスを感じる状況から逃げ出さないことも治療では重要になります。

3心理士によるカウンセリング

認知行動療法は、パニック障害の広場恐怖で行動に制限ができてしまっている場合に特に有効だといいます。物事が出来なくなっていることに対して、サポーターや家族・知人と一緒に行うことで、「できた」という達成感の実感を体験していきます。
これを繰り返し、「不安はあるけどできた」「自分は大丈夫だ」というポジティブな思考を身につけていきます。そうして、症状の改善を促していきます。

ご来院いただいた後の注意点

パニック発作がまた起こってしまうのではないかという不安が無くなるまで薬を続ける事が大切です。パニック障害の症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら快方に向かいますので、それに一喜一憂しないようにしてください。
薬をしっかりと飲んで症状を抑え、ストレスをしっかりと向き合うことが重要です。

パニック障害チェックリスト

  1. 以下のように感じることがありますか?
    • □ 胸がドキドキする
    • □ 息切れ、息苦しさがある
    • □ 汗をかく
    • □ 震えることがある
    • □ 窒息感がある
    • □ 胸が痛くなる、胸部の不快感がある
    • □ 吐き気がする
    • □ 自分ではなくなるのではないかと感じる
    • □ めまい、ふらつき、気が遠くなる感じがする
    • □ 熱感や冷感がある
    • □ 気が狂うのではないかと感じる
    • □ 死んでしまうのではないかと感じる
  2. 上記の項目の症状が、この1か月の間に起こりましたか?
    はい ・ いいえ
  3. 上記の症状が起きたらどうしようと不安になりますか?
    はい ・ いいえ
  4. 上記の症状が起きやすい状況を避けるように生活をしている、または日常生活に支障が出ていますか?
    はい ・ いいえ
  5. 閉ざされた空間が苦手になりましたか?
    はい ・ いいえ

上記4つの項目に「はい」が2つ以上当てはまる場合、専門機関への受診をおすすめします。

医院一覧

たわらクリニック東京
tel. 03-5542-1803
平日受付時間  11:00-14:00  15:00-20:00
(最終受付  午前 13:30 午後 19:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック横浜
tel. 045-410-3341
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)
たわらクリニック蒲田
tel. 03-6715-7260
平日受付時間  10:00-14:00  15:00-19:00
(最終受付  午前 13:30 午後 18:30)
土曜受付時間  10:00-13:00  14:00-18:00
(最終受付  午前 12:30 午後 17:30)

ご予約はこちら

WEBで予約する >

電話・WEBで予約する