患者さまにとって「通いやすい」医院づくりを目指して TAWARA  CLINIC

症状解説

 

icon01月経前症候群

月経前症候群とはどんな病気?

月経前症候群

月経前症候群(PMS)は生理の1週間ほど前から、下腹部や乳房の痛みなどの身体的な症状、いらいらや憂うつなどの精神的な症状が現れ、日常生活に支障をきたしてしまう病気です。生理に伴うホルモンバランスの変化が原因と言われていますが、原因ははっきりとは特定されていません。月経前症候群の症状は身体面にあらわれるもの・精神面にあらわれるもの、軽いものから重いものまで150種類以上あるといわれています。また、症状があらわれるタイミングも、生理2週間前からあらわれる人もいれば、2,3日前に集中して症状があらわれる人もおり、1人1人の患者様によって、大きく違いがあります。

 

月経前症候群の主な症状

月経前症候群では以下のような症状があらわれます。

身体的症状 精神的症状

 

当院での治療方法

当院での月経前症候群の治療は、漢方薬での治療が主体となります。また、抗不安薬ととんぷく薬(一時的に重くなった症状を抑える薬)を併用しての治療も多いです。重い症状が続く患者様はには、婦人科での治療(ピルなどの避妊薬を使用した治療)をお勧めしています。(必要な場合は、婦人科への紹介状もお出しいたします。)

 

ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまったために、ふたたび症状が重くなってしまうことが良くあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守り下さい。

ページの上へスクロールする

icon01更年期障害

更年期障害とはどんな病気?

更年期障害

更年期とは閉経を迎える前後10年程度(一般的には45歳~55歳)を指し、更年期障害は、更年期にあたる女性の2~3割がかかるといわれています。閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で、自律神経系の交感神経と副交感神経という脳のアクセルとブレーキの役割を担う機関が異常をきたし、さまざまな身体的・精神的変調を引き起こします。

 

更年期障害の主な症状

更年期障害では身体面と精神面で以下のような症状があらわれます。

身体的症状 精神的症状

 

当院での治療方法

女性ホルモンの減少によって異常をきたした自律神経を正常な状態に戻すために、主に漢方薬ととんぷく薬(一時的に重くなった症状を抑える薬)を併用して治療を行っていきます。

 

ご来院いただいた後の注意点

症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまったために、ふたたび症状が重くなってしまうことが良くあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守り下さい。
薬をしっかりと飲んで症状を抑え、ストレスをしっかりと向き合うことが重要です。

 
ページの上へスクロールする
  • たわらクリニック東京 東京駅前 TAWARA CLNIC TOKYO お問い合わせはこちら 03-5542-1803 アクセス 東京都中央区八重洲1丁目5-9 八重洲アメレックスビル9F 診療時間 月~金	11:00-14:00 16:00-20:00(受付終了 午前13:30 午後19:30)土	10:00-13:00 14:00-17:00(受付終了 午前12:30 午後16:30)休診日 日曜日・祝祭日
    診療時間・アクセス
    インターネット予約ご予約はこちらから

  • たわらクリニック 横浜駅前 TAWARA CLNIC YOKOHAMA お問い合わせはこちら 045-410-3341 アクセス 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町 2-10-5YT10ビル5階 診療時間 月~金	10:00-13:00 15:00-18:30(受付終了 午前12:30 午後19:00)土	10:00-13:00 14:00-16:30(受付終了 午前12:30 午後16:30)休診日 日曜日・祝祭日
    診療時間・アクセス
    インターネット予約ご予約はこちらから